スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

栗林公園に行ってみた。

今日は栗林公園、高松城の主、松平家の下屋敷跡で、

現在は特別名勝としては全国一の規模を誇るお庭の写真を。

 

 

まずは、なんだけど。黄砂が晴れたホテルの窓からの写真。

このテーブルマウンテンみたいなのは高松の屋島。

まず見た目がこれなのと、動物園や水族館があること、

那須与一の扇落としで有名な源平合戦の古戦場があること。

さらには、上に上がるほど古い地層が出てくるという、特殊な地質で名が知れた場所だ。

 

R0018898

 

 

屋島には昔…はるか昔、生まれて初めてキリンを見た時…に、行った覚えがある。

だから、大人になった今。動物園ってこともないだろー。と、今回は行かず。

栗林公園に行くことにしたわけだ。

道中、街中でもメジロを発見したので撮ってみたのだけど、思いっきりピンボケ。

屋島を撮る時にAFを切っていたままだったのだろう。良い写真になりそうだっただけに残念。

 

R0018909

 

 

為松公園近く。

やけにトンビの声がするなあ…と思いつつ晴れた空を仰いでみれば。

20羽近くのトンビがくるくる。なんじゃこりゃ。今日はトンビの集会日ですか!?

 

R0018915

 

 

で、やってきました栗林公園。北湖の写真をパノラマに。

この公園には大きな池が6つとかある上にめちゃくちゃ広いので、こんな写真だらけかも。

 

R0018922_stitch

 

 

特別名勝、栗林公園。このお庭が造られ始めたのは1625年頃と言うから、

もうそろそろ400年の歴史のあるお庭と言うことになる。

総面積75ヘクタール。現在は県立公園となって一般公開されている。

 

R0018916

 

 

同じく北湖。このお庭の特徴は広い、と言うこと。

その広いお庭に、様々な植物が植えてあること。

あと、至る所の松の枝が異様なまでに造り込まれていることかと思う。

 

R0018929_stitch

 

 

ぐにゃぐにゃな幹の松の木にアオサギがとまっていた。

 

R0018947

 

 

ウチはこれを、絵になるなぁと思ったのだろう。

サギがじっとしていたのも手伝って、こんな写真が10枚とか保存されていた。

 

R0018950

 

 

半分ほど咲いていたサクラ。

サクラはサクラなのだけど、花の感じが明らかにソメイヨシノではない。

 

R0018917

 

 

南湖を紫雲山を含めて。

池にもいくつかの島がある。その島の松が水に映える。

ああ、これが解るようになってから来る場所なのだなあと。

昔高松に来たとき、ここに連れて来られなかった理由が解った。

 

R0018955_stitch

 

 

南湖にかかる、偃月橋。ここのサクラも半分咲き。

 

R0018969

 

 

この橋の近くには吹上亭という茶屋がある。

そこでは子供らが池に住む大きなコイに餌をやる風景が見られたわけだが。

…ナマズだよねおまいさんは。

 

R0018977

 

 

吹上亭の横の小川に、この季節には早い感じの花が咲いていた。

多分、カキツバタ。五月くらいの花のはずなんだが。

ショウブ、アヤメ、カキツバタは見分けが付き難いのでどれがどれやら。

まあ、いずれもアヤメかカキツバタ、ってことで。まったくの別種と言う事も有り得るけど。

 

 

R0018982

 

 

ショウブの下の水草が、いい感じに輝いていたので一枚。

 

R0018987

 

 

涵翠池のパノラマ。この池には紫雲山が綺麗に映る。

 

R0018991_stitch

 

 

南湖の近く。ハクモクレンが満開となり、緑の中にアクセントを。

 

R0019013

 

 

いい具合に川も造られていることだし、と、水に映るように撮ってみた。

一輪一輪も大きな花なのだけど、木も大きいので見栄えが張る。

 

R0019019

 

 

このお庭は回遊式大名庭園と分類されるらしい。

ぐるーっと回って入口辺り。この見事に造られた松の並木。名前を箱松と言う。

 

R0019050

 

 

中から見てみるとこうだ。

この枝の造り方は凄まじい。いったい何年かけて、この松の壁なのだろうか。

 

R0019049

 

 

今回はこの辺で。

次回は高知編。移動日の写真と桂浜、かな。

スポンサーサイト

テーマ : RICOH DIGITAL CAMERA
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

公園

公園ですか庭園ですかってくらい広大ですね。確かにこういうところは歳を重ねてからの方が楽しめるのかも知れませんね。高校の修学旅行で行った京都を再び訪れた時は、何も見てなかった自分に本当に驚いたものです。この写真を見ていて熊本の水前寺公園を思い出しました。作りこまれた美なのに自然の美しさが損なわれていないのですよね。計算された美しさが自然の美と決して相反しない好例だと思います。

>>桜
花びらが面長に見えますね。桜は亜種が多いですし、何か別の品種との掛け合いなのですかね。わたし程度ではさっぱりわかりません。

松は防風林として日本各地にありますが、これも先を見据えた職人の技のさえなのでしょうか、天の悪戯でしょうか。網の目のような枝ぶりが見事です。

桜もすっかり散ってしまい、気分はもうGWへでしょうか。桜が散ると不思議と先へ先へと心がはやってしまうのは何故でしょうか。それでは。

No title

ほんと、今も昔も出歩かなかったので、地名に疎すぎて悲しくなって来た今日この頃です。
屋島というのも存じ上げなくてですね、いやほんと、テーブルマウンテンだわーと思ってしまいました。
ローソクつけたらケーキみたいw

こういった庭園は、ただ走れるところがあればいいチビか、大人になってからですねー。
ほんと、池や木々が計算して配置されているというその日本人の、季節や風景を楽しみというその心がわかってからですよね。

松にサギ!
日の光と影のコントラストがまたまぁ素敵な絵になりましたねー。

緩やかにアーチを作る橋も、景観を引き立てて素敵です。
そこにアクセントに控えめなピンク。
清清しい空気が伝わるようですよ。

しかしこれだけ至る所が緑が鮮やかで綺麗だと、春というより初夏の気分になりますね。
でもそこに白い花がぱっと入るととたんに春っぽく見える単純なわたし。
緑の中に白い花。そして中央を渡る川。
良いですねー。

この間久しぶりに旅行に出たら、空気が違うだけでもうたまらなく別世界でした。
同じ千葉内でしたが、トンビは飛ぶはウグイスは鳴くわ。
違う場所に身を置くのは時には良いものですね。

それではまた!

ちゃこしさん>

栗林公園はとにかく広大でしたねえ。
全国一の広さ、ってのもよくわかります。写真撮りながら回ったら、3時間とかかかってましたし。

歳を重ねてから>
実感しましたねえ。そこにある松の一本の造り込みの感じとか、
理解できる歳ってのがあるんでしょうかねえ。職人の気迫みたいなものを感じました。
いちいち手がかかっていることに気が付く、ってことなのでしょうかね。深いですわー。

サクラ>
ウチも何桜なのかはさっぱりですw
花びらなげーなー、これ。ぱしゃっ。みたいな

松>
松原とかの雄々しい松とはまた違うのですよねえ。
大きめの盆栽みたいに枝を造り込んでいるんですよ。
サギのとまっていた松も、あれは手が加わってなければあんな幹にはならないはずですし。
本当に、何年かけてのこの風景なのか、と。

サクラが散るころ>
心が先に走るのは良いことです。やりたい事があるってことだから。
ウチはここんとこ軽く早めの五月病ですよー。何もやる気起こらねー。

ししゃもさん>

屋島>
高松からだと結構あちこちから見えるんですよ、この平らな山が。
名前の通り島なので、海沿いにあるわけなのですが。
これが溶岩の塊で、地層がひっくり返ってるって言うんだから、昔に一体何が起こったんだか。

庭園>
兼六園でも思ったのですが、ここにこれを植えて、こう育てる、と、
何十年、何百年にも及ぶ計画性がないとこんなお庭はできないのですよねえ。
このお庭は、ハクモクレンの写真をとった辺りから始まり、
造成を重ねてできたものだとのことです。に、しては継ぎ接ぎしたような感じもしないし。

松にサギ>
一本足なのがまたw 
と、あの時の自分もそう思ったのでしょうねえ…。
データを見てみると、おんなじような写真が10枚ほど。なんだかなー。

初夏の気分>
いや実際、この日はほとんど初夏でした。ソフトクリームバカ売れしてたし。
サクラとハクモクレンって、同時に見ごろが来ることってあまりないと思うんですよねえ。
カキツバタまで咲いてたし。やっぱあの3連休は異様に暖かかったのですよw

旅行>
うむ、たまに遠出をしてみると、鳥の声でも風の鳴らせる音でも気が付くものですよね。
栗林公園でもウグイス鳴いていましたよ。姿は見せてくれなかったですけどねー。
って、いや、これ仕事の合間の休みの日ですってw あくまでww

サクラを撮ってからこっち、休みの日も家にこもってる感じでー。
反動で家に居たくなっているのかしら。出て行かないとねえ。足から根が生えそうです。

No title

なんだか静けさのある公園ですね。
広いから、歩くだけでも大変そうです^^;
部分部分に地面から照明灯があるので、夜間とかライトアップされてるのかな?
だったらきっと、なおさら趣のある空間なんでしょうね♪

ショウブで思い出しましたが、市内北部にあるショウブ園って、
まだあるのか閉鎖したのか…?

ちままさん>

かなり広さがあるので、水の音や木の葉のさらさら鳴る音なんかでいっぱい…のはずですが。
3連休でしたからねえ。子供らの声もよく聞こえてましたよ。
悪い気は全然しなかったですけどね。

ライトアップ>
してたようですね。でかいライトがあちこちに置いてありましたし。
ライトアップされた姿も良いものかと思います。あんま夜にはこういう所行かないんですけどね。
だって、撮れる気がしないからw

しょうぶ園>
ああ、たしかもう2年くらい前に閉鎖されたかと。
一回も見に行ったこと無かったんですよねえ、遠かったから。
今思うともったいないなーって思います。
プロフィール

Thinks♪

Author:Thinks♪
基本、歩くのが好きで花とか虫とか犬とか猫なんかも好き。
アニメにマンガも好き。
何故か最近カメラにハマる。

連絡先はこちら。
thinks☆live.jp  
☆を半角@に変換願います。

Twitterで文字通りつぶやいてます。
リンクの最下段からどぞ。
あ、いいな。と思ったら写真を撮ってつぶやくので、
もしかしたらここよりも面白い写真があるかもですよ。

推奨環境
1280×1024 display
32bit color.
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

台湾MSの光ちゃん時計
Get Microsoft Silverlight
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
グーバーウォーク



blogram投票ボタン
リンク
月別アーカイブ
FC2カウンター
あなたの…
flash boreal kiss
FC2共有プラグイン 「pictlayer」
拡大画像をレイヤ表示させる   プラグインを使用しています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。