スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

少し早く咲いたサクラにメジロ。金毘羅さんにて。

ほい、今回は前振り通りに四国は香川県仲多度郡琴平町、

金刀比羅宮での写真で。

3連休の時に行ったので人が多くて建物とかの写真はあまりないのだけど。

 

 

JR琴平駅。枝垂れ桜が駅前で咲きかけていたので、可愛らしい駅舎をバックに。

可愛いんだけど、この駅舎に注連縄に提灯ってどういう事。

 

R0018562

 

 

駅前から金刀比羅宮の参道まではほんとすぐ。

参道は参拝客と食べ物屋やお土産屋やうどん屋でごった返しているわけだが。

とあるお店の軒先に、今年も帰ってきた子が。おかえりぃ。お家、出来たみたいねー。

 

R0018586

 

 

金刀比羅宮といえば有名なのは、その階段。

本宮まで785段、奥社(オクノヤシロ)まで行こうと思えば1368段の階段を登ることになる。

当然、ここまで来たら行くでしょ! と、気合を入れて潜った鳥居を。

 

R0018592

 

 

はい、ウチは途中で振り返って、どれだけ登ったのか確認したくなるクチです。

 

R0018597

 

 

左右にお店が並ぶ階段を登り続け、大きな山門、その名も大門を潜ると、そこからが境内。

境内に入ってすぐ、サクラが何本か咲いているのが目に入った。

 

R0018604

 

 

ちょっと早いよな、今年は。なんてな事を思いながらサクラの下を歩こうとすると、

聞いたことのある可愛い声が聞こえる。こいつらは…

 

R0018683

 

 

メジロだっ。撮りたかったんだよ。この子らを。

ツバキの花に集るのを見かけてはいたんだけども、カメラ出すと逃げられてた。

ここは人も多いし、サクラに夢中で逃げる様子はないっぽい。

ここぞとばかりに夢中で撮ったうちの一枚。

 

R0018614

 

 

シャッターを切り続けて20分ほど経ってしまったわけだが。

奥社まで行かないことにはなんか納得が行かないので、再び歩き出す。

これは重要文化財の旭社と言う建物。彫刻とかがすごいし巨大な建物なのだけれども、

日の関係とかでうまく写真が撮れなかった。なので雰囲気が一番ある感じのを。

 

R0018725

 

 

旭社からまた、急な階段を登って登って。着きましたよ。

本宮の横の石碑。左のが本宮なんだけれども、

本宮に参拝する前に奥社に行くと決めて来ているから…

 

R0018771

 

 

また階段ををえっちらおっちらと登る。

本宮から奥社までの道は、階段の数こそ少ないのだが、

実は階段じゃない坂道もあったりしてわりとしんどかったりする。

 

R0018731

 

 

そして階段もこの急傾斜。

結構な数の人が登っているのだけど、皆さんお疲れの様子。

ウチも疲れてたんでしょうねえ、思いっきりブレてる。

 

R0018754

 

 

着きました。奥社。右も左も崖っぷちの、なかなか危ないところに建っている。

 

R0018758

 

 

奥社からの、下界一望の写真。

丸亀城からは大きく見えていた飯野山(いいのやま、別名、讃岐富士)が小さく見える。

 

R0018761_stitch

 

 

縦方向にも見てみようか。高さが解る感じがするから。

標高は450メートルほどなのでそれほど高くはないのだけど。

 

R0018762

 

 

登ったら…降りなきゃなんないんだよね。しょうがないよね。

 

R0018770

 

 

本宮まで降りてきた時には、少し日も傾いていた。

金刀比羅宮、本宮。大物主神(オオモノヌシ)と崇徳天皇が祀られている。

参拝客で行列ができているが、この列が階段まで連なっているのが普通。

 

「♪こんぴら船々追手に帆かけてシュラシュシュシュー、回れば四国は讃州那珂の郡、象頭山金毘羅大権現ー。 一度回ればこんぴら船々…」

このエンドレスリピート推奨な歌、ウチらの歳なら一回は聞いているんじゃないだろうか。

 

R0018774

 

 

ここまで降りてきた時点でかなり疲れてしまっていた。

一休みついでに、さっきのサクラのメジロを撮ろう、と。

まだ撮るんかい! くらいの枚数は撮っていたんだけど、どうも良いのが無くて…。

まあなんとか横顔が撮れた。ああ、メジロだあ。目が写ったよ、色も出たよー。

 

R0018840

 

 

サクラに囲まれて幸せそうな感じがしないでもない。

ほんと楽しそうに飛び回っていた。可愛い声で鳴きながら。

 

R0018821

CX1 1/36s 35.4mm(デジタルズーム) f/9.4 ISO80

 

 

花の中からひょこっと顔を出しては蜜を舐め、蜜を舐めを繰り返している。

その動きがあんまり可愛いもんだがら…

 

R0018877

 

 

動画でも撮ってたりした。んじゃま、埋め込んでみるか、ってんでやってみたわけだが。

あまり綺麗じゃないかなー。まあ、楽しそうな動きだけでも。

少しだけメジロの声も録れているんだけど、聞こえますかねえ。

子供の叫びはよく録れてるんだけどなあw

 

[高画質で再生]

(動画の再生にはFC2動画を使っています。高画質で再生するには有料登録かな?)

 

 

お土産屋だらけの参道を降りる。〇〇段目の店、とかの看板も多々見かけるが、

この店はなかなか縁起の良い場所にあるもんだ。

 

R0018883

 

 

琴平電車の車窓から。高松の夕日。こんな風景を見ながら、退散。

 

R0018893

 

 

丸亀城と金毘羅さん、二箇所を同時に攻めたもんだから、

この日は本当に深ーく眠れた。しばらくこんな眠り方した事ないってぐらいに。

 

今回は以上で。

次回は、高松城の離れたお庭、栗林公園の写真になるかと。

 

 

オマケは、琴電を撮った写真。

 

 

 

 

琴平電車といきなり言ってしまったけれど、これは琴平電気鉄道と言う香川の私鉄。

通称ことでん。高松市内を歩いていれば、こんな感じの車両を見かけるはずだ。

高松城のすぐ隣に駅があったりするし。

 

R0018888

 

 

この琴電でも、非接触型ICカードが使えるわけだが。(導入当時、中国四国地方初だったそうだ。)

非接触型ICカードと言えばいろいろ名前がありますよねえ、

スイカとかイコカとかトイカとかピタパとかパスモとか。

琴電のはIruCa。イルカと言うカードを使う。

琴電のマスコットキャラがイルカの「ことちゃん」だからだそうなのだけど。

この「ことちゃん」ってヤツは…

 

R0019086

 

 

うどん喰うのかよ! イルカが!?w

っとまあ、路線図でもこの姿ってくらいユルいわけだが。

この子も高松市内を歩けば、一回は見るはずですよ。こんな感じでね。

 

R0018894

 

 

変な名前のICカードは知ってのとおり、これだけじゃない。

JR九州のはSmart Urban GOing CArdでスゴカって言うらしい。

奈良のバスカードは、CI-CA、シーカ。

そのまんまやないかい。ICOCAでいこかー、ってのもそうだけどさあw

スポンサーサイト

テーマ : RICOH DIGITAL CAMERA
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

No title

金毘羅さん、昔私が行った時は、階段の下にかごやがいたんですけど、
もういないのでしょうか。
乗ってみたいキモチと、恐縮なキモチで結局見送るだけでしたが…^^;
上まで上りきりはったんですね!
Thinksさんはまだまだ若いですね♪

さすがに上から見るスケールは、偉大ですね。

居ましたよー。

籠屋さん。値段を見るとアレなのと、やっぱ自分で登りたいやん!
でも乗ってみたい衝動にも襲われますよねー。うむ。

そんなわけで、登りきってまいりましたよ。
籠屋さんも目に付きましたけど、もうひとつ不思議に思ったのは、
犬を連れて登っている人が多いこと。
なんでも、自分が登れそうにないと思ったら、飼い犬と賽銭を託して代わりに登ってもらう、
と言う風習っつーのか、まあそういうのがあるんだそうで。
若いかどうかは知りませんけど、まぁまぁ足には自信がありますね。速くはありませんけど。

上から見るスケールかあ。飛行機に乗ってもあんまり実感できなかったりするんですけれど、
山から見るとまたちょっとちがうんですよねえ。
多分、周りに比較対象物があるからだと思うんですけど、

花鳥

>>金比羅さん
最初にうどんのイメージが頭にわいたのは何の刷り込みでしょうか、それとも…
階段が1368段とはずいぶんと豪気な神様なんですね。「願いを叶えて欲しければここまで這い上がって来い」とまるで千尋の谷の上から息子に向って吠えてる獅子のごとき絵が頭に浮かんでしまいました。残念ながらわたしにはここで願掛けは出来ないようです。

>>メジロ
キレイに撮れてますね。野鳥をここまでキレイに撮るのはさすがです。桜がまた見事に満開で実にいい絵です。家の庭にきてたメジロさんも桜やコブシに浮気中なのか最近は姿を見せなくなりました。もちろん同じメジロさんではありませんが、久しぶりに会えたような嬉しい気がします。

>>俯瞰風景
周りに高い山が無いせいなのでしょうね、なかなかの絶景かなとお見受けしました。ここには本当に神様が住んでてもおかしくありませんね。
 神社も参拝道を拡張整備しているせいか、ちょっと裏手をうろちょろすると昔ながらの小道(獣たちの参拝道なのかも知れませんが)がひょいと見つかったりします。あみだクジを引いている気分で進んでいくと階段脇に出たり、見晴台に出たり、あるいはただの突き当たりだったりとわずかに残る童心を楽しませてくれたりもします。


金比羅山の歌、しゅらしゅしゅはそのまんま歌詞だったのですね。元は別の言葉でそれが変化したものかと思ってました。日本の擬態語の素晴らしさにまた一つ気付いてしまったようでちょっとお得な気分です。それでは、しゅらしゅしゅと失礼します。(誤用するのがミソです)

うどん、美味かったですよーw

刷り込みって言いますか、中野うどん学校とか結構有名な店がありますからねえ。
うどんバスとかうどんタクシーもあったりします。
うどんタクシーは、屋根にあるランプがうどんなのが目印だそうで。

階段>
まあ一種の名物ですよねw なんか願いが叶いそうな気もしましたよ。 
この階段を作った人たちってほんとスゲーなあと、降りながら思いました。

メジロ>
ほんとに可愛かったですよ。夢中で花と遊んでるのがー。もうたまらんっ。
…ってんで100枚くらいメジロの写真があるわけですが。
まともなのは上げたヤツくらいですかねえ。

俯瞰>
うーん、景色が良いところに作ったのかもです。
参拝した後に眺める景色がまた格別でして。
そうそう。金毘羅さんにも裏道みたいなのがあって、そこには坂本龍馬の石像があるらしいです。

こんぴら船々>
シュラってのはなんでも、石を運ぶ道具だそうで。
お城の石垣に使う石を運ぶ様子をそのまんま歌詞にした、とか聞きました。
そうですねえ、昔から擬音を使ってたんですねえ。

それではウチもしゅしゅしゅーっと失礼ですー。
プロフィール

Thinks♪

Author:Thinks♪
基本、歩くのが好きで花とか虫とか犬とか猫なんかも好き。
アニメにマンガも好き。
何故か最近カメラにハマる。

連絡先はこちら。
thinks☆live.jp  
☆を半角@に変換願います。

Twitterで文字通りつぶやいてます。
リンクの最下段からどぞ。
あ、いいな。と思ったら写真を撮ってつぶやくので、
もしかしたらここよりも面白い写真があるかもですよ。

推奨環境
1280×1024 display
32bit color.
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

台湾MSの光ちゃん時計
Get Microsoft Silverlight
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
グーバーウォーク



blogram投票ボタン
リンク
月別アーカイブ
FC2カウンター
あなたの…
flash boreal kiss
FC2共有プラグイン 「pictlayer」
拡大画像をレイヤ表示させる   プラグインを使用しています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。