スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新神戸~布引の滝~布引ハーブ園までを歩いてみた。その1。

この日は、少し名前に聞いたこともあった滝、神戸の布引の滝を見に行った。

布引の滝は華厳の滝、那智の滝と並ぶ日本三大神滝の一つであり、日本の滝100選の一つ。
平安時代の和歌にも名前が登場する名瀑だそうだ。

ここは乗換駅、阪急十三駅。
十三と書いてジュウソウと読む、普通読めねーよ、と言われてしかるべし駅名である。

十三駅から梅田を望む。
F9.4 1/189 EV-0.7 ISO100 200mm

もう何年前の事か。梅田から阪急神戸線に乗った所、車内アナウンスで、
>「次は~十三~。十三です。降り口は…」
いつもの感じだが。しかし、次の駅は中津駅なのである。
阪急梅田駅からは京都線、神戸線、宝塚線と3つの路線が出ていて、神戸線、宝塚線は中津駅に停車する。しかし京都線では中津駅に停車しない。そのつもりでのアナウンスだったのだろう。
ウチには関係ないことだったため、車掌さん間違えたかなー、くらいのものだったのであるが、駅間がそれほど無いのも手伝って、電車はそのまま中津駅に停車、そのまま何事も無かったように発車したのであるが、何事があったのはそれからである。
「え~…次も~十三~。十三です。降り口は…
、って。 そして車内爆笑。皆気が付いてたのね。
蕎麦屋できつねそばと言ったら、そんなんあらへん。たぬきでええかと一蹴された時くらいに、ここは大阪なのだと思い知らされた時であった。

閑話休題。


道中に咲いていた夾竹桃(キョウチクトウ)の花。珍しく白で一重だったので撮ってみた。
キョウチクトウは夏に良く咲いていて、多くは八重でピンクもしくは赤の綺麗な花を咲かせる。
そこらにあるし、つい触ってしまいそうになると思うが、キョウチクトウは葉や枝を燃やした煙にも毒性があるほどの猛毒を持つ木であり、花言葉からしても「危険」。
竹に似た細い葉をつけた街路樹を見たら触らないように。

夾竹桃(キョウチクトウ)。
F6.6 1/250 EV-0.7 ISO100 66mm


布引の滝は新神戸駅のすぐ山側にある。看板などを目印に登るとすぐに着くのがこのレンガ橋。
名前を砂子橋(いさごばし)と言う。布引の滝の上流にある布引ダムなどとあわせて国の重要文化財に指定されている古い橋である。この橋は水道橋で、現在は使われていないが中にパイプが通っているそうだ。

砂子橋(いさごばし
F5.0 1/73 ISO100 28mm


砂子橋からすぐ。滝の音が聞こえてきたと思ったら見えてくるのがこの滝。
布引の滝の一番目の滝、雌滝(めんたき)である。高さ19m。名前の通り優雅な雰囲気がある。
右にあるのは取水塔。手前は堰堤。これらの人工物も重要文化財。
年月が経っているからか、自然との調和具合が見事だ。

雌滝(めんたき)と取水塔。
F5.0 1/48 EV-0.7 ISO100 28mm


雌滝を上から撮った写真。
薄暗いのでシャッタースピードが遅くなり迫力が出るのは良いが、固定する場所が無いのでブレる。

雌滝を上から。
F6.9 1/24 EV+0.3 ISO100 85mm


2番目の滝、鼓ヶ滝(つつみがたき)を同じく上から。
鼓を叩くような音をたてることからこの名がついたと言う。
確かに。この滝の滝つぼの周りはかなり深い穴になっていて、水の落ちる音が重低音になって聞こえる。
道からは音は聞こえるが全体が良く見えない滝である。なのでこのカットになった。シャッタースピード4分の1秒。迫力は出たけどブレ気味。

鼓ヶ滝(つつみがたき)。
F6.3 1/4 EV-0.7 ISO100 50mm


新神戸駅から20分ほどで3番目と4番目の滝、雄滝(おんたき)、夫婦滝に到着。
雄滝は全部で五段になっていて落差43m、滝壺から流れる夫婦滝も9mほどの高さがある。

雄滝(おんたき)と夫婦滝。
F5.0 1/203 EV-0.7 ISO100 28mm


雄滝だけを撮影。空が晴れてきたので空も含めて撮ってみた。
でかいだけに名前の通り雄雄しさを感じる。また、滝の左側の岩壁がぐにゃりと曲がっている。
看板などに書いてあったのだが、この滝は断層が作り出した滝なのだそうである。
その断層も布引断層と言うそうだ。

雄滝1。
F5.0 1/270 ISO100 28mm


滝つぼの広さが見える位置に上がって一枚。
断層の具合もはっきり見える。この滝つぼにはいくつか深い穴があって、その穴の一つは竜宮城に続いていると言う伝説があるそうだ。昔の人のロマンチストぶりには畏れ入る。

雄滝2。
F5.0 1/164 EV-0.7 ISO100 28mm


全体像ではなく、一部を切り抜いた写真も撮りたかったので、横に生えていた木の陰から。
水に反射する光の感じもすこし出ていて満足の一枚。

雄滝3。
F9.4 1/97 EV-0.7 ISO100 200mm

今日はここまで。
明日はこの続き、雄滝から布引ダム、布引ハーブ園までの道のりで撮った写真を上げようと思う。

しかし、こう見ると、最も寄るか最も引くかの写真が多い。反省。

参考:Wikipedia項目「キョウチクトウ」、「布引の滝」 
    神戸市ホームページ「布引の滝 布引ダム(五本松堰堤)への行き方」
スポンサーサイト

テーマ : 川・渓谷
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

No title

小豆色の電車が、風情があって良いですねー。
こちらでは見かけない色なので、特にそう思います。

滝つぼの迫力ある写真は、高所恐怖症の自分には怖いくらいですw
しかしポイントポイントを押さえた解説が、まるでガイド付きのツアーで旅行に出かけているようだ……。
滝とか渓流とかの水辺が大好きなので(高所恐怖症のくせに!)、一度是非行ってみたくなりましたですよ。

しかしさすが大阪。
アナウンスの続け方といい、車内の人の受け方といいw
実際その場に居たくなりましたよ!

まいどですー。

小豆色>
阪急のカラーらしくて、阪急電車は全部この色です。味があるっちゃあります。

滝の写真>
滝の上から見下ろすこともできるのですが…
あまりにもの絶景のため、写真を撮れなかったウチも高所恐怖症です。
でもなんか高い所に上がってそこから見下ろす癖があるのは何故だろう。

アナウンス>
爆笑してたのはウチが乗ってる車両だけかもしれませんが。
車掌さん、多分相当怒られたと思うんですがねえ…w 中津駅に用事があった人も居ると思うし。
プロフィール

Thinks♪

Author:Thinks♪
基本、歩くのが好きで花とか虫とか犬とか猫なんかも好き。
アニメにマンガも好き。
何故か最近カメラにハマる。

連絡先はこちら。
thinks☆live.jp  
☆を半角@に変換願います。

Twitterで文字通りつぶやいてます。
リンクの最下段からどぞ。
あ、いいな。と思ったら写真を撮ってつぶやくので、
もしかしたらここよりも面白い写真があるかもですよ。

推奨環境
1280×1024 display
32bit color.
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

台湾MSの光ちゃん時計
Get Microsoft Silverlight
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
グーバーウォーク



blogram投票ボタン
リンク
月別アーカイブ
FC2カウンター
あなたの…
flash boreal kiss
FC2共有プラグイン 「pictlayer」
拡大画像をレイヤ表示させる   プラグインを使用しています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。