スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東尋坊にも行ってきてたのですよ。んで、消失をもう一回観てきた。

福井にて4泊する事になっているウチ。

まあ、自由に行動出来そうな日は1日くらいしかないので、

いや、あるだけマシなんだけどさ。

 

そんなわけで。えちぜん鉄道に乗って、東尋坊に行ってみることにした。

 

R0017051

 

えちぜん鉄道。以前は京福鉄道の福井路線。ウチの中では嵐電の福井版のイメージ。

知ってる人は知っている大事故を2度も引き起こしてしまい、一時は廃線の危機に遇ったが、

今は第三セクターえちぜん鉄道が引き継いで運行している。

 

いろいろとレトロなのは、嵐山本線もこっちも変わらない。

しかし、えちぜん鉄道に変わってからだろうか。

車両は中古だそうだが一新され、車両によってはアテンダントが着き、

乗客に向けてのアナウンスや無人駅での切符の受け取りなどをしている。

嵐山本線よりも快適かも知れない。嵐電は風情がありすぎて困るくらいだから。

でも、設備はこれこのように懐かしな雰囲気だしまくりだったりする。

 

R0017054

 

 

えちぜん鉄道三国芦原線 太郎丸駅付近で撮った写真。

やっぱしまっすぐ。そして、単線。架線を支える柱は木製。

 

R0017034

 

 

過去に事故を起こしてしまった。その事実は変わらない。

しかし、ウチはその事故の際、上り電車の……今は亡き運転手の話を思い出していた。

ブレーキが効かなくなった車両、いずれ迫る他の車両。結末は予想出来ていた。

この状況の中、運転手は乗客には適切な指示をし、また最後まで車両を制御しようとした。

そして起きてしまった列車同士の正面衝突。死者一名。

退避できる時間はあった。しかし逃げなかったのだ。

 

ただの美談だと思うかも知れない。しかし、ウチにはこんな行動は無理だ。

この運転手の行動は尊敬せざるを得ない。

 

電車を三国駅で降り、そのままバスに乗る。

そのうち見えてくるのがこんな景観。タワーの向こうあたりが東尋坊だ。

 

R0017072

 

 

率直に訊こう。東尋坊と言うとどんなイメージが浮かぶだろうか?

断崖絶壁?名勝、及び奇勝?火曜サスペンス劇場で見たことがある?

おそらく違う。…9割方の人はここで、「自殺の名所」と答えるはずだ。

 

ウチもそうだった。

大体、駅で「東尋坊にはどうやって行くのでしょか」と訊いたウチに、

駅員さんが三秒の絶句で答えたことからしてそういう場所なんだろう。

でも実際はこんな場所だ。

 

R0017074

 

 

嘘じゃない。普通にバスを降りた人ならば、

この通りを行かなければ例の岩場には行けない造りになっている。

通りはお土産屋と海産物のファーストフード売りの列で出来ていて、

付近はカニと干物と焼き物の匂いでいっぱい。

イカ焼きほかその他の焼き物屋の前では、

黒ネコが「わたしにもよこせニャー」みたいな雰囲気で座り込んでいた。

 

R0017073

 

 

国指定天然記念物、国定公園越前海岸、東尋坊。

各々のイメージはともかくとして、世界的にも珍しい規模の柱状節理で構成される岸壁であり、

そして、古くからの観光地である。

 

R0017081

 

 

ここにある岩には様々な名前が名前が付けられている。

しかし、あまり時間のなかったウチにはどれがどれだかって感じなので、

とりあえずパノラマ写真で紹介しておく。左に写っている人影で、

この岸壁の規模がわかってもらえるだろうか。

水平線が上手く繋がっていないのは、それくらい海が荒れている場所、

冬の日本海なのだと思って欲しい。

 

R0017092_stitch

 

 

ここでは、なんか映画が始まりそうな感じのする、

岩に波が砕けていくシーンがそこらそこらで見られる。

 

R0017103

 

 

岩の上のカモメも波を被ってしまうような場所だ。

カモメが水を被って飛んでいく、なんてのが見られるのはあまりないかも。

 

R0017149

 

 

屏風岩…ってところだったかと思うが。

その先でも、「どう見ても火サスです。本当に(ry」みたいな風景が普通に見られ……

 

R0017204

 

 

って、だぁぁぁぁぁ!?

 

R0017223

 

 

風に流された飛沫にウチとCX1が襲われた後、(と、いっても軽くですよ。ほとんど被ってません)

位置を変えて撮ったパノラマ写真。CX1が生きてて良かったよ…。

 

sR0017273_stitch

 

 

ここで、東尋坊で一番怖い場所に行ってみることにしてみた。

ここは屏風岩と呼ばれる岩の中、一見こんな谷間があるとは思えない場所にあるが。

高さ25mの怖さを存分に感じることが出来る場所である。

 

Caution!! 高所警報!! 覚悟できたらクリック拡大。

 

R0017283

 

 

これはその谷間の端っこに這いつくばって、CX1だけを崖の向こうに出し、3枚撮った写真を繋げたもの。

(見たのなら)見ての通り落ちたらただでは済まない。

ここに飛び込む勇気があるのならば、何があっても生きて行けるんじゃないか。

って言うか、ここに飛び込まなきゃならないよりも酷いことってなんなんだろう。

と思う、Thinksはまだまだ人生経験が浅く、またかなりの高所恐怖症である。

特に、足元に何もない光景を見るのはたまらなく怖い。

後で写真を見ても怖かった。ってことで、

 

Caution!! 高所警報!! 覚悟できたらクリック拡大。

 

sssR0017288_stitch

 

 

これは怖いわ、と冷や汗を流しながら退散。

えちぜん鉄道の切符は、柔らかいけど鋏をいれてくれます。

 

R0017298

 

 

福井駅。今日の晩ご飯は越前そば。

冷やしおろし蕎麦なんだけどこれが美味いのよ。このあたりに来たのなら一回は食べないとっ。

あ、2つの皿が来るのはこれが伝統だそうで。ウチが2杯頼んだわけじゃない。

 

R0017335

 

 

んで昼飯はこれ。東尋坊でたべたカニそば。

 

R0017075

 

 

ディスプレイがこれじゃなけりゃ満足してたんだけどね。

まあそんなもんでしょけどw これで出てきた方が喰い難いw

 

R0017077

 

 

今回はこの辺で。

次回は敦賀で撮った写真かな。

 

で。帰ってきてパソをセットして、コメにお返事ー。

と思ってやってたら。

counter

やっちまったーwww

 

 

 

続いては、北陸から帰ってきてから、半分以上諦めていたフィルムブックマークをもらいに行った時の話。

クリックネタバレ。そして長文。

 

 

 

 

ぶっちゃけた話、今現在ウチは北摂に居る。

3月5日の16時には帰ってきていて、その後爆睡していた。

でも、翌日には直ぐに寝床から飛び上がって映画館のサイトを検索しまくっていた。

 

この出張の間、このブログの更新の時に愚痴をこぼしていた事。

涼宮ハルヒの消失、リピーターキャンペーン、フィルムブックマークプレゼント。

一時は完全に諦めていたわけだけど、なんだかまだどこでも残っている様子なのだ。

 

んじゃま行かねばなるまいよ。そんなわけで3月6日。

行ってきましたよ、梅田ブルク7、シアター1の上映に。

そして引き当てたフィルムがこちら。

CX1のマクロ撮影での画像のため、荒れ気味かもしれない。ご了承を。

 

R0017480

 

R0017607

 

 

朝倉さんきたこれ。

何より悪くないシーンだ。TFEIではない…のかどうなのか、な、朝倉さんが出ている。

ここから絶望に苛まれるキョンには申し訳ないんだけど。

 

だけど、ウチは長門さんが写ってるシーンが欲しかったなあ。って贅沢かー。

って、なんか上んとこにでっかい傷がある。うわー。

まあ、なんにせよフィルムを手に入れられただけで良しとしよう。

 

 

んで、ウチなりのこの映画の感想を軽く。

 

ウチは消失を「キョンがハルヒを選ぶ話」としか見ていない。

どうやら制作側である京アニもそうとってしまったようで、

キョンが自問自答の末にハルヒを選択する演出が、原作より明確になされている。

これについては賛否両論あるだろう。

ウチはそうとしか見ていなかったから、肯定側に回る。

 

クラスメートがいちいち演技している、朝比奈さんパンチ直前の動き、

ダッシュであの坂を駆け下り、光陽園学院を目指すキョン、

サイゼリヤで迷惑そうにしている店員、

顔が近いハルヒ、短パンで震える古泉。

等々、描かれている人物が非常に良く動く。

入部届けを返されるシーンはその最たるもので、

危うくこっちも映画館で泣きそうになった。

CLANNADなんかで泣きの演出には定評があるからなあ。

でも谷口の顔芸はどうかとおもうぞ。

 

例の刺されるシーン。

消えていく意識の中、原作にもあったセリフだが、

「ごめんねキョンくん、あたし、知ってたのに……」

と言う、大人朝比奈さん。

キョンが長門さんに犯人を聞き出そうとする時にも顔を背けるシーンが追加されていた。

大人朝比奈さんの辛さが垣間見える。

 

場所が変わったラストシーン。

綺麗だった。暗い病室での場面と思いきや、だったので意表を付かれた。

ユキ、と呼ばれた直後。雪が降る。

長門さんは、これをわたしの名前にしよう、と、この時思ったのかも。

後で同期してそうしたのかもしれない。

その後、行き先の見えない自分を選択したのかもしれないな、とか。

いろいろ考えさせられるシーンだった。

コートを掛けてやったりしてやるのはキョンの優しさ。

ってか朝比奈さん(大)にはすぐに掛けてやってる癖に。

 

追加された、長門さんが口を隠すシーン。

これは絶対笑ってる。そう信じたい。

消失の記憶が残っているのじゃないかと感じる、良いシーン。

 

あと、全体的にキョンがカッコ良い。なんかほんとカッコ良い。

気力の無い、流されるだけ流されていた男が突然異世界人となり、

そして自分の世界に帰ってきた。

やっぱ自分の意志で動く男はカッコ良い。男はこうでなくちゃねえ(遠い目)。

 

 

ウチが2回見に行った映画は初めてじゃなかろうか。

ビデオやDVDで見返したのは結構あるとは思うけど。

ともかく、京都アニメーションさま。消失を映画にしてくれてありがとう。

メガネはあった方が良いウチには、もうたまらん映像でした。(そっちかよ)

 

 

 

ひとつ、映画館で気になったこと。

ブルク7のホールの足元には、未観賞のチケットが何枚か落ちていた。

交換済みの印は押されているが、上映時間は今日のナイトショーとか明日の昼。

時間にはやたら余裕がある。

 

明日の昼からのチケット、観に来ようかとも思ったけれど、

万が一、本当に落としたのなら。…と思ったそれをウチが手渡した係員さんも、

「ああ、フィルムだけ欲しかったんですかね…」

と言ってた。

 

確かに。

前売り券やレイトショーの安い券を買っているし。これはそうとしか思えない。

席が前過ぎて見づらい場所を予約している所あたりは若干の良心を感じるが。

 

ああ、映画の内容なんかどうでも良いんだな、こいつらは。

って、思ったら、銀幕の中で涙を浮かべる長門さんを見た次に辛くなった。

ウチができる範囲で観ればよかったのかもしれない。一時はそうしようとも思ったし。

でもなんだか、現実を突きつけられた気分になって。

 

自分にとってでも売るにしてでも、良いフィルムが欲しいのは解る。

上映時間2時間40分が長いと思うのも解る。

でも買ったのなら観てくれよ。頼むわ、ほんまに。 と、思いながら帰った。

 

これはウチの変なプライドに依るもの。

こんな券を見かけ、都合が合うのなら遠慮なく観れば良いと思う。もったいないし。

スポンサーサイト

テーマ : RICOH DIGITAL CAMERA
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

No title

東尋坊!
私も行きましたのですよ。何か自分が半年前に旅したところを追体験させられる気がしてますw

自殺の名所ってことで有名ですよねー。
高所恐怖症というわけではないですが流石に怖かったw
名勝としてははあまりピンとこなかったですね。我らが松島の方が綺麗だもんね!(手前味噌って奴ですね)
…と思ったのですが、迫力の面ではこちらに軍配が上がりますね、うん。怖いですもん。

>フィルム
ASAKURAさんじゃないですかー!
密かに欲しかったのですが一枚も当たらなかったのですよ。
というか然るべき場所に出せば長門さんのフィルムとも悠々交換できそうな気も。
初期傷はまれにあるみたいですね。フィルムの勲章みたいなものだと思えば!

券だけ買う人はやはりいるみたいですね。
未観賞チケットでは引きかえれない仙台(箱は狭いが対応は良かった)ではあまり無かったようですが…。
長い映画なので見るのが辛いのはわからないでもないです。でもやっぱり見てほしいものですよね。
私は貧乏性なのでむしろ見ないと勿体ない様な気がするのですがw
自分で買った8枚中7枚は見ましたね。1枚はモーニングショーを寝坊…これは不覚、ごめんなさいですよ。

朝倉さん良いでしょー。

北陸を旅されてたんすなあ。見るとこ多くていいですよねー。
ウチは仕事ですけどねー。楽しんできたけどww

東尋坊>
まったく行く予定はなかったのですが、いろいろと有名な場所だったので行ってみたのですよ。
ウチは基本、足元がおぼつかない所は一切ダメなんですよ。
そこそこ年食ってからはこうやって写真に撮ること位はできるようになりましたが。
っていうか、あえて見てから肝が冷える感覚を味わうようにwww
ビルの吹き抜けとかも、わざわざ見下ろして、うわわーーーーとかw
あえて小さいサムネを使ってる写真を撮ったときは、本気で足が竦みましたね。
アレは恐怖症とかじゃなくて、本能で危険を察知しているのではないかと思います。

噂に違わぬ断崖絶壁ぶりと日本海が印象的でした。
松島は行った事ないんですけど、一度行ってみたいものですねー。

フィルム>
うーん、良いシーンなんですけどねえ。
やっぱ長門さんのが欲しかったなあ。スレのほうで出てた、YUKI.N>の画面とかでも良かったww
これは朝倉さんと国木田(の後頭)と(顔が隠れた)キョンが写ってるわけなので、
もしかしたらなんとかならんかとは思いました。
そしたら封を開けた後、少し残念そうに笑ってる女の子2人組を見つけたので、
すません、誰でした?って訊いたら、2人とも見知らぬキョンに怯えるみくるちゃん。
「いいなー、うー、やっぱりキョンか一樹くんほしかったなあ~」
って言ってたから、長門さんが少しでも写ってたら交渉してましたねえw
まあ、来るべくして来てるものだとは思うので、これを大事にしますよ。
交換するにしても、傷入ってますしねー。
あ、ながといっくさんがこれを欲しいと言うならば、考えても良いですがw

映画>
梅田ブルク7は鑑賞前に交換できますからねー…。
長い映画であるのは否めませんなー。
ウチが7回観に行ったら、流石にきついよなあと思うかもですよw
2時間40分は耐久レース位の勢いですからねえ。生理現象的に。
観ないともったいないですよねやっぱし。観りゃ良かったかなあ、ほんともったいないわ。

寝坊>
むうw 観る意志があったのだからOKじゃないっすか?w

No title

ボリュームがー。
色々コメントしたいことはありますが、はしょってしまうのは残念です。

さて。
信号機のミラーに映える青空が良いですね。
そして、衝突事故。
そんなことがあったなんて知りませんでした。
自分だったら……そんなことは立場が違いすぎてわかりませんが、結果として、こうして思いを馳せてくれる人がいることは、せめてもの救いなのかも知れません。

そしてすみません、東尋坊を知りませんでした。
ほんと、物を知らないなぁ!
でも、写真見てなんとなく思い当たったですw
うわー断崖絶壁ーー。
波のシーンは本当に迫力ですね!
CX1ちゃんが危険にさらされながらも撮った、水しぶきなんて特に!w
いやほんと、ご無事でなにより。

>Cautionの写真
うはは、うずまいてるよー。高いよー。
最近は外が見えるエレベータから窓の外を見られるようになって来たわたしですが、やっぱりそれでも身がすくむ思いです。
いやほんと、写真お疲れ様でした。

>1111HIT
おめでとうございます!
っておや、自分自身は含めない設定にしてないですか?
携帯からだと無理なのですが、Webとかだと出来ますよー。
(WLWからのアクセスは良くわかりませんが)
複数ブラウザ使ってるときは、全部にしないと駄目ですがっ。

>映画
考え方の違いがあるのは、既に自分のブログで知っていただいていると思うので、突っ込みません。
ただ、京アニさんの考え方が2つあったこと(石原総監督:ラブストーリィ主軸、武本監督:キョンの立ち居地主軸)だけ書いておきます。

ラストシーンの「ゆき」も、やはり未だ自分的には、同期はしてないからこその「ありがとう」だと思うんですよね。
でも本当に、これが名前としたのならいいなぁと思います。
不可逆の同期というか、命令。
わけもわからずにその命令に従い、あの屋上で全てを知った驚きの表情だったというのなら、あの長門さんの複雑さがなおさらで泣けます。

すみません、もうひとつフィルム欲しさに映画見ずに券買っちゃいました!
(だって旦那日曜日しか休みがない+ほぼ毎日帰宅深夜な上に、子連れで映画とか無理だもん)
でも、平日で映画開始して40分経った回の余り席の端っこの方2つだし、券売ってくれたお姉さんも丁寧に優しくしてくれて、まじ惚れるかと思ったし(関係ない)、1回だけだから赦して!
まぁ、そんな風にして買ったから、キョンの背中と言う微妙なフィルムでしたが。
子連れじゃなきゃ、旦那がこんなに忙しくなきゃ、4回くらいは楽勝に観に行きましたよ。
……まぁ、子供いない=仕事している=映画見にいけないということなので、IFは意味ないですけどね。

そいではー。

まいどですよー。

はしょる>
すべての写真にコメしてたらエライ時間食いますよ^^;
もう遠慮なくはしょってください。コメいただいた写真が興味を引いた写真だと思ってますしね。
でも、少し自重しますかね…

信号機>
あ、これいい絵になるんじゃね?と思って。
で…なんで指が写り込んでるのか、小一時間(ry

えちぜん鉄道>
地図では良く解らなかったのですが、施設を見て、
ああ、これ京福だ。こんなんなってるのか。と思いました。
復活を遂げている姿が観られて良かったなー。

東尋坊>
名前も知らぬ、場所も知らぬ。だが来てみりゃどこかで観た事のあるように思うと言う。
火サスに限らず、サスペンスドラマのラストでこの岸壁につっ立った俳優、女優は数知れず。
そんな場所です。
「観光客も多いので、最近は飛び込みも少ないんですけどねー」(チラッ)
件の駅員さんもそう言ってました。ウチ、そんなに疲れた顔してたんかな?
飛沫受けたときはちと焦りましたねー。まあウチもCX1も大丈夫でしたw

Caution!>
見ちゃいましたかww 渦巻いてますよねー。我ながらなかなかの迫力。
これ、撮るときも怖かったんですが、後で見返した方が怖いですねー。
特に自分の行動が。革靴にスーツにダッフルですよこの時。ウチ何やってんのって感じです。

1111>
いや、PC新しくしちゃってたもんで、どうやら設定がデフォに、、、。


映画>
これについては決定的に違う視点で見ているようですしね。
ウチが焼餅を書いたのは、このままじゃ可哀想すぎる、どうしても笑って欲しい。
そう思ったからなので…。

同期>
うむ、同期はしていないでしょうね。そうじゃなきゃ陰謀の始めに繋がらない。
でもなんかそんな風に感じたんですよねー。
単にこの時の事を誇張して書いたのかもですけど。
命令、ならば大丈夫なのか。世界改変のリセットついでに教えたのかもですね。
同期もしてくれないから、ここのあたり良く解らないまま屋上に、ってのは激しく同意です。

フィルム>
この記事書いた時のウチは、感情的だったのですw
もう少し財布の余裕と暇があったら、ウチだって何回も観に行っているでしょう。
んで、絶対何回目かには寝るなりなんなりしてるでしょうし、人の事言えたこっちゃないですわ。
お子様連れで見られるわけも無いですし、赦すもなにもこっちが申し訳ないです。

No title

冷やしおろし蕎麦、食べたい!
2つも出てくるなんて、チビ連れにはとてもうれしいサービスだ!
と思ってしまいました。
だって、取り分けせずに1つずつ食べられるので(^^)

東尋坊、足、ひっぱられなくて何よりです。
名所ですから、怖くて…(^^;

ウチももっかい食べたいですよー

越前そば>
2つ出てきて500円だったかと思います。
あっさりで美味しいですよー。冬でも冷やしだけどw
もともと蕎麦が好きなので、あちこちで蕎麦ばっか食ってました。

東尋坊>
行く間の道はあれですし、周りに人も多かったのでそんな感じはしませんでしたねえ。
もともとウチは殆ど見ない人なので。
プロフィール

Thinks♪

Author:Thinks♪
基本、歩くのが好きで花とか虫とか犬とか猫なんかも好き。
アニメにマンガも好き。
何故か最近カメラにハマる。

連絡先はこちら。
thinks☆live.jp  
☆を半角@に変換願います。

Twitterで文字通りつぶやいてます。
リンクの最下段からどぞ。
あ、いいな。と思ったら写真を撮ってつぶやくので、
もしかしたらここよりも面白い写真があるかもですよ。

推奨環境
1280×1024 display
32bit color.
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

台湾MSの光ちゃん時計
Get Microsoft Silverlight
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
グーバーウォーク



blogram投票ボタン
リンク
月別アーカイブ
FC2カウンター
あなたの…
flash boreal kiss
FC2共有プラグイン 「pictlayer」
拡大画像をレイヤ表示させる   プラグインを使用しています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。