スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東尋坊にも行ってきてたのですよ。んで、消失をもう一回観てきた。

福井にて4泊する事になっているウチ。

まあ、自由に行動出来そうな日は1日くらいしかないので、

いや、あるだけマシなんだけどさ。

 

そんなわけで。えちぜん鉄道に乗って、東尋坊に行ってみることにした。

 

R0017051

 

えちぜん鉄道。以前は京福鉄道の福井路線。ウチの中では嵐電の福井版のイメージ。

知ってる人は知っている大事故を2度も引き起こしてしまい、一時は廃線の危機に遇ったが、

今は第三セクターえちぜん鉄道が引き継いで運行している。

 

いろいろとレトロなのは、嵐山本線もこっちも変わらない。

しかし、えちぜん鉄道に変わってからだろうか。

車両は中古だそうだが一新され、車両によってはアテンダントが着き、

乗客に向けてのアナウンスや無人駅での切符の受け取りなどをしている。

嵐山本線よりも快適かも知れない。嵐電は風情がありすぎて困るくらいだから。

でも、設備はこれこのように懐かしな雰囲気だしまくりだったりする。

 

R0017054

 

 

えちぜん鉄道三国芦原線 太郎丸駅付近で撮った写真。

やっぱしまっすぐ。そして、単線。架線を支える柱は木製。

 

R0017034

 

 

過去に事故を起こしてしまった。その事実は変わらない。

しかし、ウチはその事故の際、上り電車の……今は亡き運転手の話を思い出していた。

ブレーキが効かなくなった車両、いずれ迫る他の車両。結末は予想出来ていた。

この状況の中、運転手は乗客には適切な指示をし、また最後まで車両を制御しようとした。

そして起きてしまった列車同士の正面衝突。死者一名。

退避できる時間はあった。しかし逃げなかったのだ。

 

ただの美談だと思うかも知れない。しかし、ウチにはこんな行動は無理だ。

この運転手の行動は尊敬せざるを得ない。

 

電車を三国駅で降り、そのままバスに乗る。

そのうち見えてくるのがこんな景観。タワーの向こうあたりが東尋坊だ。

 

R0017072

 

 

率直に訊こう。東尋坊と言うとどんなイメージが浮かぶだろうか?

断崖絶壁?名勝、及び奇勝?火曜サスペンス劇場で見たことがある?

おそらく違う。…9割方の人はここで、「自殺の名所」と答えるはずだ。

 

ウチもそうだった。

大体、駅で「東尋坊にはどうやって行くのでしょか」と訊いたウチに、

駅員さんが三秒の絶句で答えたことからしてそういう場所なんだろう。

でも実際はこんな場所だ。

 

R0017074

 

 

嘘じゃない。普通にバスを降りた人ならば、

この通りを行かなければ例の岩場には行けない造りになっている。

通りはお土産屋と海産物のファーストフード売りの列で出来ていて、

付近はカニと干物と焼き物の匂いでいっぱい。

イカ焼きほかその他の焼き物屋の前では、

黒ネコが「わたしにもよこせニャー」みたいな雰囲気で座り込んでいた。

 

R0017073

 

 

国指定天然記念物、国定公園越前海岸、東尋坊。

各々のイメージはともかくとして、世界的にも珍しい規模の柱状節理で構成される岸壁であり、

そして、古くからの観光地である。

 

R0017081

 

 

ここにある岩には様々な名前が名前が付けられている。

しかし、あまり時間のなかったウチにはどれがどれだかって感じなので、

とりあえずパノラマ写真で紹介しておく。左に写っている人影で、

この岸壁の規模がわかってもらえるだろうか。

水平線が上手く繋がっていないのは、それくらい海が荒れている場所、

冬の日本海なのだと思って欲しい。

 

R0017092_stitch

 

 

ここでは、なんか映画が始まりそうな感じのする、

岩に波が砕けていくシーンがそこらそこらで見られる。

 

R0017103

 

 

岩の上のカモメも波を被ってしまうような場所だ。

カモメが水を被って飛んでいく、なんてのが見られるのはあまりないかも。

 

R0017149

 

 

屏風岩…ってところだったかと思うが。

その先でも、「どう見ても火サスです。本当に(ry」みたいな風景が普通に見られ……

 

R0017204

 

 

って、だぁぁぁぁぁ!?

 

R0017223

 

 

風に流された飛沫にウチとCX1が襲われた後、(と、いっても軽くですよ。ほとんど被ってません)

位置を変えて撮ったパノラマ写真。CX1が生きてて良かったよ…。

 

sR0017273_stitch

 

 

ここで、東尋坊で一番怖い場所に行ってみることにしてみた。

ここは屏風岩と呼ばれる岩の中、一見こんな谷間があるとは思えない場所にあるが。

高さ25mの怖さを存分に感じることが出来る場所である。

 

Caution!! 高所警報!! 覚悟できたらクリック拡大。

 

R0017283

 

 

これはその谷間の端っこに這いつくばって、CX1だけを崖の向こうに出し、3枚撮った写真を繋げたもの。

(見たのなら)見ての通り落ちたらただでは済まない。

ここに飛び込む勇気があるのならば、何があっても生きて行けるんじゃないか。

って言うか、ここに飛び込まなきゃならないよりも酷いことってなんなんだろう。

と思う、Thinksはまだまだ人生経験が浅く、またかなりの高所恐怖症である。

特に、足元に何もない光景を見るのはたまらなく怖い。

後で写真を見ても怖かった。ってことで、

 

Caution!! 高所警報!! 覚悟できたらクリック拡大。

 

sssR0017288_stitch

 

 

これは怖いわ、と冷や汗を流しながら退散。

えちぜん鉄道の切符は、柔らかいけど鋏をいれてくれます。

 

R0017298

 

 

福井駅。今日の晩ご飯は越前そば。

冷やしおろし蕎麦なんだけどこれが美味いのよ。このあたりに来たのなら一回は食べないとっ。

あ、2つの皿が来るのはこれが伝統だそうで。ウチが2杯頼んだわけじゃない。

 

R0017335

 

 

んで昼飯はこれ。東尋坊でたべたカニそば。

 

R0017075

 

 

ディスプレイがこれじゃなけりゃ満足してたんだけどね。

まあそんなもんでしょけどw これで出てきた方が喰い難いw

 

R0017077

 

 

今回はこの辺で。

次回は敦賀で撮った写真かな。

 

で。帰ってきてパソをセットして、コメにお返事ー。

と思ってやってたら。

counter

やっちまったーwww

 

 

 

続いては、北陸から帰ってきてから、半分以上諦めていたフィルムブックマークをもらいに行った時の話。

クリックネタバレ。そして長文。

 

 

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : RICOH DIGITAL CAMERA
ジャンル : 写真

プロフィール

Thinks♪

Author:Thinks♪
基本、歩くのが好きで花とか虫とか犬とか猫なんかも好き。
アニメにマンガも好き。
何故か最近カメラにハマる。

連絡先はこちら。
thinks☆live.jp  
☆を半角@に変換願います。

Twitterで文字通りつぶやいてます。
リンクの最下段からどぞ。
あ、いいな。と思ったら写真を撮ってつぶやくので、
もしかしたらここよりも面白い写真があるかもですよ。

推奨環境
1280×1024 display
32bit color.
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

台湾MSの光ちゃん時計
Get Microsoft Silverlight
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
02 | 2010/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
グーバーウォーク



blogram投票ボタン
リンク
月別アーカイブ
FC2カウンター
あなたの…
flash boreal kiss
FC2共有プラグイン 「pictlayer」
拡大画像をレイヤ表示させる   プラグインを使用しています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。