スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北陸で見た花と鳥。…とか。

と、タイトルで書いたは良いのだけど、

実は風景を撮るのに夢中で、あんまし撮ってなかったりする。

でもそこそこあるので、出しちゃうぞー。

(縦方向の写真が拡大できないのは仕様です。それほど良い写真じゃないから…)

 

 

この写真は金沢市の真ん中で撮った写真。

とある木の上がやたら騒がしいので見てみれば。

スズメのなる木、ですかねこれは。

 

R0016618

 

 

これは小松で撮ったもの。

畑にきれいな鳥が居たのでちょっと焦って撮った。多分、イソヒヨドリって言う、そう珍しくはない鳥。

でも、ウチの目には幸せの青い鳥に見えた。それくらい蒼かった。鮮やかだった。

のに撮れてないんだよねー。どっちかっつーとネギの方が青い。困ったものです。

 

R0016646

 

 

同じく小松市。

冷たい雨に打たれながらも咲こうとしている、オオイヌノフグリ。

 

R0016661

 

 

小松空港で。

空にでかいリングが出ていた。それくらい、空が真っ白だった。

 

R0016677

 

 

これも小松市、JR小松駅の前だったかと思うが。

まだ硬そうなコブシかモクレンのつぼみを写してみたもの。

 

R0016804

 

 

これは石川で撮った白い花。

一見すれば雑草。でも、セリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ…これっ!ハコベ!!

…春の七草の一つ、ハコベラことハコベの花。よく見たら綺麗でしょ?

そこらにいっぱい咲いてるはずですよ。気をつけて見てみれば、ね。

 

R0016821

 

 

これも石川の街中で撮ったもの。これも春の代表的な花。沈丁花。

なんて読むのよそれ。って感じだけど、ジンチョウゲと書けば聞いたことがあるだろうか。

今の時期、そこらそこらで可愛い花を咲かせているはずだ。真っ白なのはちょっとレア、かな?

葉の形が月桂樹(ダフネ)に似ているので、学名ではDaphne odora、香る月桂樹と呼ばれるそうである。

 

R0016824

 

 

これは石川の公園で撮った写真。

良く見えないが、真ん中に黄色い鳥が二羽居るのがわかるだろうか。

そんなんだから、なんて鳥なのかがよく解らないのだけど。

とにかく、声も動く姿も可愛い鳥だった。キセキレイかな?

 

R0016870

 

 

石川の、同じ公園で撮った写真だったと記憶している。

ツバキの花。よくぞこの時期(3月初旬)にもこの姿で咲いていてくれた、と思う姿。

可憐だ。

 

R0016858

 

 

同じく石川で、とあるお宅の玄関に、綺麗に生けてあった木の花。

これは何の花か。しばらく調べたけど解らなかった。

でもリンク先の 花と日の出と四万十川の写真blog さんが、

他に開いておられる図鑑ページ、高知四万十川 花の写真 に答えがあった。

これはミツマタの花。この木は和紙の材料になる。

 

R0017352

 

 

敦賀で蕎麦を食べた店で。沈丁花がきれいに生けてあったので、近くにあった招き猫と一緒に。

やっぱり綺麗で可愛らしい花だ。

花と葉のバランスが見事な花なのが、引き目で見るとよくわかる。

アップで撮れば良いってもんじゃないんだよ、解ったかこの野郎っ。

 

R0017464

 

 

最後は、やっぱり可愛いのを。

金沢の街中で、ご主人様を良い子で待ってたわんこ。

ああ、もう、その眼を止めて。持って帰りたくなるだろ、あーもう可愛いかったなあっ。

 

R0016617 

 

 

今回はこのあたりで。

次回はなんだろなあ。

PICASAで見ると、どうやら播磨の龍野(姫路の北)に行った時の写真っぽい。

テーマ : RICOH DIGITAL CAMERA
ジャンル : 写真

敦賀駅前は、やっぱり聖地だった。

ウチの北陸巡業も敦賀で最後の日を迎えることになった。

敦賀には、マンガやらアニメやらが昔っから好きなウチが期待していたものがあるはず。

なので仕事に間に合えば良い時間よりも早く福井市のホテルを出た。

 

そしてやってきた福井県敦賀市。

駅舎はそれほどでもないが、広大な敷地を持つ敦賀駅を降りて早々に見たものは…

 

R0017384

 

 

メーェェテルゥゥゥゥッッ!!…なんじゃこりゃと思う人もいるかも。

欧亜国際連絡列車。敦賀からウラジオストック経由でヨーロッパに至る連絡運輸。

かつて、敦賀は鉄道と船を使っての貿易の拠点だったのだ。

決して線路を引きやすい場所ではなかった敦賀に大きな駅があるのはそれが理由らしい。

と言うことで、それぞれを宇宙戦艦ヤマトと銀河鉄道999にかけて、

街ぐるみでイメージキャラクタとしているのだ。

科学都市ってのは原子力発電所のイメージだろうか。

 

R0017455

 

 

ウチが仕事場に行くために乗るバスも、バス停もこんな感じ。

イタ車って言うなーーー。敦賀を観光するにあたりのイメージなのだ。

 

R0017388

 

 

こんなステッカーが貼られているのはこのバスだけじゃない。

他にもなんぼでも見ることができる。

逆に松本零士仕様になっていないバスのほうが珍しい。

 

R0017390

 

 

だから、普通のバス停でもこうなっているのだ。

なので敦賀のバス停はかなり目立つ。バスも目立つ。見つけるのに苦労しない。

 

R0017386

 

 

先の看板の写真にもあったように、

敦賀駅前には銀河鉄道999と宇宙戦艦ヤマトのモニュメントが28組設置されている。

全部撮ってきているんだけれども、その中でも印象的だったのを紹介していこう。

雨が降ったり止んだりの天気で、写真が暗くてしょうがないのは勘弁して欲しい。

 

まずは駅前のこれ。

 

R0017394

 

 

メーテルと鉄郎と、999をデザインしたモニュメント。

 

R0017395

 

 

何方かがマフラーを巻いてくれてたので少し暖かそうだった、佐渡酒造ドクター。

隣に座れるようになってるのが良い。永井一郎の声で喋ってくれたらたまらんだろうな。

 

R0017398

 

 

いきなりラストシーンですかみたいな感じだけど。

イメージイラストが目に浮かぶ。色が付いてなくても勝手に付く。

 

R0017402

 

 

古代くんと雪さん。

 

R0017400

 

 

正直言おう。ウチはこのシーンにまったく覚えがない。

 

R0017409

 

 

リアルタイム世代なもんで、見てたとしても記憶が曖昧なところが多数。

実に情けないが…まあそんなもんか。

実際、エネルギー充填120%!波動砲、発射ぁ!とか、コスモタイガーとか、

アステロイドベルトから波動砲を使って脱出するとか、俺の右手はサイボーグだ!とか。

妙にカッコいい所しか覚えちゃいない。…さすが子供の記憶だ。

 

R0017410

 

 

アナライザー。ここでも愛嬌のあるヤツ。

 

R0017415

 

 

これもいきなりクライマックス的だけど、999のラストシーン…だったよねこれ。

 

R0017419

 

 

銅像なので、いろんな角度から自分で好きな絵を見つけることができます。

 

R0017420

 

 

ウチは999もほぼリアルタイム世代なわけだが。

ハーロックは「キャプテンハーロック」をまた読んでいるので、

999の話だったかハーロックの話だったか頭の中でごっちゃごちゃ。

でも、アルカディア号かっけえーってのは今も同じ。

「宇宙~のう~み~は~~~俺~~~の~~~海~~♪」

 

R0017421

 

 

出ましたハーロック。命を捨てて生きる男。とことんカッコ良いイメージそのまんま。

トチローの墓を見舞うシーンが遇ったかどうかは、記憶に無いわけだが。でも、

「友よ~明日の無い~星と知っても~~」 …周りが引いても良いなら今でも歌えるぞ。

 

R0017426

 

 

ガラスのクレアだ。鉄郎を守って砕け散った、999のウェイトレス。

親が見栄っ張りでこの体になったが、元の体に戻るために働いていて、

元の体は冥王星にある…だったかな。

 

R0017433

 

 

モニュメントで一番小さく、また良い顔をしていたメーテルの像。

 

R0017434

 

 

背景が道路標識とスーパーマーケットってのはどうかと思うけど。

 

R0017436

 

 

999。駅前のメーテルと鉄郎からここに来て、右回りに見て行くと良いかも知れない。

 

R0017454

 

 

モニュメントは他にもある。

エメラルダスとかスターシャとか。でもここで全部紹介したらつまんないでしょ、

とか言って、単に写真の枚数多すぎになるからだったりするんだけど。

最後に、駅前の食堂、「つるや」で食べた越前そば。

 

R0017466

 

 

まあ、店によっていろいろスタイルは変わるので、2皿出てこない事もあるってことで。

これが北陸で撮った最後の写真だったりする。最終日は駆け足だったからねー・・・。

 

 

そばの写真で北陸の旅の写真は終了。ちょっとデータにしてみた。

2月26日~3月5日までの、総撮影枚数:1224枚。

931SHの歩数計機能での、総歩数:137039歩(一歩60cmとして、約82.2km)。

 

我ながら、会社の金で何やってきたんすかって感じですが。

…ちゃんと仕事もしてきたんだからねっw

ってとこで今日はこの辺で。

 

長かった北陸が終わったところで次回は…

北陸で撮った鳥とか花とかで行ってみようかと。

北摂をうろつく時間が無いのは困ったものだわ…

テーマ : RICOH DIGITAL CAMERA
ジャンル : 写真

問題。福井県鯖江市の名産と言えば?

って、タイトルで問題出しますかねー。ふふふ。

で、答えが浮かぶ人居るだろうか。

 

やはりこの日に仕事のあった、JR鯖江駅にて。例のごとくサンダーバードを。

ここら辺、昼間は普通列車が一時間に一本か二本しか無い。

でもサンダーバードやしらさぎ(米原、名古屋方面の同型車両)は、

合わせたら一時間に三本とか走ってくる。

 

R0017371

 

 

鯖江市と言われてもピンと来ない人も多かろう。

と言うか、あんまり有名ではないから知らなくても不思議ではない。

ウチはメガネ好きの端くれだから、

ここが国産メガネフレームの95%を生産する

「メガネの街、メガネの聖地」だと言う事を知っているのだ。

つまり好きじゃないと知らない。

駅の中にもこれこのように、でかでかとカスタムフレームの案内が出ている。

 

R0017370

 

 

上の写真にちょこっと写っているのだけれど、

鯖江市は近松門左衛門(曽根崎心中などの歌舞伎の作者)が幼少を過ごした土地なのだそうだ。

だけど、ふらっと立ち寄った駅の観光案内所にも、

お菓子や海産物のコーナーを押しのけてメガネがズラリ。

ウチの中では、やはりここはメガネの街と言うことに。

 

R0017351

 

 

少しの暇ができたウチはこの街を歩いてみたのだが、

特にメガネ屋さんが多いとか言うわけではなかった。

高速道路の横にでっかいメガネの看板があって「SABAE」と書いてあったりはしたけど。

なんだか残念な気分になって駅に戻ると…。そう言えば、聞いたことがある場所が。

 

R0017338

 

 

後一時間くらいしか暇はないのだけど、こりゃ行かざるを得ないわけで行ってみた。

このビルがめがね会館。看板の通りビルの屋上にメガネがっ。これは期待できる。

 

R0017343

 

 

何にだよ、と言うツッコミが来そうだが、ウチはここにこれがあるのを聞いていたわけだ。

建物が思いのほか立派だったので内容にも期待できるとそういう事だったのに。

看板はあるけど中は工事中。

訊いてみれば3月20日まではリニューアルのため休館、とのこと。

……残念すぎる。

 

R0017345

 

 

現在はthe291のショールームだけです。

とのことなので、せっかくだから見させてもらった。きれーいに並んだ国産フレームの数々。

国産の95%を生産するとは言え、外国産フレームに押されに押され、

街のメガネ屋さんでもあまり見ることはできない、鯖江のメガネ。

良く考えてみたらウチがかけてるのだって、値段的に国産ではない。

ここにあるフレーム、安くても2万円代から高ければ5万とかだった。

 

R0017346

 

 

係員のお姉さん曰く。

「鯖江がメガネの街と聞いて来られる方は少なからず居られる」

「ただ、街の中に販売店が多いわけではなく、生産会社も大きな工場を持っているわけではない」

「なのでがっかりされる方が多く、ここにミュージアムを作って紹介をしている」

のだそうだが。それがリニューアル中だったウチは全くもってダメじゃないか。

ってかお姉さん、メガネじゃないんですか。何故に…やっぱダメじゃん。

 

R0017347

 

 

この写真の手前側にある小さなフレーム、メガネをかけていない係員のお姉さん曰くなのだけど。

「それはフィギュア…お人形さん用に注文があったので、技術を見ていただくためにサンプルとして」

…なるほどね。日本のモノつくりってやっぱ細けえ。

丁番(ちょうばん:折れ曲がるところ)もそれ相応に小さいものを作っている。

奥のは、チタンフレームよりも丈夫で軽い、ジュラルミンフレームのメガネ。

 

R0017349

 

 

こんなところで、あまり時間もなかったので退散したわけなのだけど、

何故にウチがこの鯖江市をそんな街だと知っていたのか。

それは、メガネ好きならメガネベストドレッサー賞とかにも興味があるってことと、

メガネっ娘メガネ男子コンテストリンク先その2)とか言うかなり前衛的なイベントを開いている場所だからさ。

 

4回目を迎える次回は、3月20日、リニューアル後にMEGANE MUSEUM と改名される、

このめがね会館の向かい、鯖江市文化センターで行われるそうだ。メガネ好きは行かないと。

出場資格は、高校生以上のメガネの愛用者。

サングラスOK(鯖江で作ってるから)。水中メガネは不許可(鯖江で作ってないから)だそうです。

まだ参加できるみたいだから、我こそはと思うメガネさんは参加するべしなのですよ。

 

…え、ウチっすか?そん時は四国に居るはずですけど。何か? …orz

テーマ : RICOH DIGITAL CAMERA
ジャンル : 写真

東尋坊にも行ってきてたのですよ。んで、消失をもう一回観てきた。

福井にて4泊する事になっているウチ。

まあ、自由に行動出来そうな日は1日くらいしかないので、

いや、あるだけマシなんだけどさ。

 

そんなわけで。えちぜん鉄道に乗って、東尋坊に行ってみることにした。

 

R0017051

 

えちぜん鉄道。以前は京福鉄道の福井路線。ウチの中では嵐電の福井版のイメージ。

知ってる人は知っている大事故を2度も引き起こしてしまい、一時は廃線の危機に遇ったが、

今は第三セクターえちぜん鉄道が引き継いで運行している。

 

いろいろとレトロなのは、嵐山本線もこっちも変わらない。

しかし、えちぜん鉄道に変わってからだろうか。

車両は中古だそうだが一新され、車両によってはアテンダントが着き、

乗客に向けてのアナウンスや無人駅での切符の受け取りなどをしている。

嵐山本線よりも快適かも知れない。嵐電は風情がありすぎて困るくらいだから。

でも、設備はこれこのように懐かしな雰囲気だしまくりだったりする。

 

R0017054

 

 

えちぜん鉄道三国芦原線 太郎丸駅付近で撮った写真。

やっぱしまっすぐ。そして、単線。架線を支える柱は木製。

 

R0017034

 

 

過去に事故を起こしてしまった。その事実は変わらない。

しかし、ウチはその事故の際、上り電車の……今は亡き運転手の話を思い出していた。

ブレーキが効かなくなった車両、いずれ迫る他の車両。結末は予想出来ていた。

この状況の中、運転手は乗客には適切な指示をし、また最後まで車両を制御しようとした。

そして起きてしまった列車同士の正面衝突。死者一名。

退避できる時間はあった。しかし逃げなかったのだ。

 

ただの美談だと思うかも知れない。しかし、ウチにはこんな行動は無理だ。

この運転手の行動は尊敬せざるを得ない。

 

電車を三国駅で降り、そのままバスに乗る。

そのうち見えてくるのがこんな景観。タワーの向こうあたりが東尋坊だ。

 

R0017072

 

 

率直に訊こう。東尋坊と言うとどんなイメージが浮かぶだろうか?

断崖絶壁?名勝、及び奇勝?火曜サスペンス劇場で見たことがある?

おそらく違う。…9割方の人はここで、「自殺の名所」と答えるはずだ。

 

ウチもそうだった。

大体、駅で「東尋坊にはどうやって行くのでしょか」と訊いたウチに、

駅員さんが三秒の絶句で答えたことからしてそういう場所なんだろう。

でも実際はこんな場所だ。

 

R0017074

 

 

嘘じゃない。普通にバスを降りた人ならば、

この通りを行かなければ例の岩場には行けない造りになっている。

通りはお土産屋と海産物のファーストフード売りの列で出来ていて、

付近はカニと干物と焼き物の匂いでいっぱい。

イカ焼きほかその他の焼き物屋の前では、

黒ネコが「わたしにもよこせニャー」みたいな雰囲気で座り込んでいた。

 

R0017073

 

 

国指定天然記念物、国定公園越前海岸、東尋坊。

各々のイメージはともかくとして、世界的にも珍しい規模の柱状節理で構成される岸壁であり、

そして、古くからの観光地である。

 

R0017081

 

 

ここにある岩には様々な名前が名前が付けられている。

しかし、あまり時間のなかったウチにはどれがどれだかって感じなので、

とりあえずパノラマ写真で紹介しておく。左に写っている人影で、

この岸壁の規模がわかってもらえるだろうか。

水平線が上手く繋がっていないのは、それくらい海が荒れている場所、

冬の日本海なのだと思って欲しい。

 

R0017092_stitch

 

 

ここでは、なんか映画が始まりそうな感じのする、

岩に波が砕けていくシーンがそこらそこらで見られる。

 

R0017103

 

 

岩の上のカモメも波を被ってしまうような場所だ。

カモメが水を被って飛んでいく、なんてのが見られるのはあまりないかも。

 

R0017149

 

 

屏風岩…ってところだったかと思うが。

その先でも、「どう見ても火サスです。本当に(ry」みたいな風景が普通に見られ……

 

R0017204

 

 

って、だぁぁぁぁぁ!?

 

R0017223

 

 

風に流された飛沫にウチとCX1が襲われた後、(と、いっても軽くですよ。ほとんど被ってません)

位置を変えて撮ったパノラマ写真。CX1が生きてて良かったよ…。

 

sR0017273_stitch

 

 

ここで、東尋坊で一番怖い場所に行ってみることにしてみた。

ここは屏風岩と呼ばれる岩の中、一見こんな谷間があるとは思えない場所にあるが。

高さ25mの怖さを存分に感じることが出来る場所である。

 

Caution!! 高所警報!! 覚悟できたらクリック拡大。

 

R0017283

 

 

これはその谷間の端っこに這いつくばって、CX1だけを崖の向こうに出し、3枚撮った写真を繋げたもの。

(見たのなら)見ての通り落ちたらただでは済まない。

ここに飛び込む勇気があるのならば、何があっても生きて行けるんじゃないか。

って言うか、ここに飛び込まなきゃならないよりも酷いことってなんなんだろう。

と思う、Thinksはまだまだ人生経験が浅く、またかなりの高所恐怖症である。

特に、足元に何もない光景を見るのはたまらなく怖い。

後で写真を見ても怖かった。ってことで、

 

Caution!! 高所警報!! 覚悟できたらクリック拡大。

 

sssR0017288_stitch

 

 

これは怖いわ、と冷や汗を流しながら退散。

えちぜん鉄道の切符は、柔らかいけど鋏をいれてくれます。

 

R0017298

 

 

福井駅。今日の晩ご飯は越前そば。

冷やしおろし蕎麦なんだけどこれが美味いのよ。このあたりに来たのなら一回は食べないとっ。

あ、2つの皿が来るのはこれが伝統だそうで。ウチが2杯頼んだわけじゃない。

 

R0017335

 

 

んで昼飯はこれ。東尋坊でたべたカニそば。

 

R0017075

 

 

ディスプレイがこれじゃなけりゃ満足してたんだけどね。

まあそんなもんでしょけどw これで出てきた方が喰い難いw

 

R0017077

 

 

今回はこの辺で。

次回は敦賀で撮った写真かな。

 

で。帰ってきてパソをセットして、コメにお返事ー。

と思ってやってたら。

counter

やっちまったーwww

 

 

 

続いては、北陸から帰ってきてから、半分以上諦めていたフィルムブックマークをもらいに行った時の話。

クリックネタバレ。そして長文。

 

 

続きを読む

テーマ : RICOH DIGITAL CAMERA
ジャンル : 写真

昼間に暇ができたから壮大に寄り道してみた。

とあるメンテナンスの仕事を任されて北陸を巡るThinks。

金沢を離れ、石川に向かうのだけど、その間の拠点も叩かなけりゃならんと。

この日はその間、二拠点での仕事。

しかし…

一発目、小松市。9時開始。

二発目、加賀温泉。16時開始。

それぞれの仕事にはさほど時間はかからない。故に…

5時間ほどの暇ができるのだ。

こうなりゃ撮影タイムでしょ。うひひ。ってことで。

 

 

朝8時15分。石川県小松市。やっぱしまっすぐ。

 

R0016643

 

 

一仕事終えて。さーて、5時間どうすっかなあ。と歩いている間。

とんでもない音があたりに響いた。雷のようでそうじゃない。聞いたことがある人はすぐ解る音。

これは…戦闘機か。

そうか、ここは小松。小松基地のある場所だった。

しかし、音はすれども姿は見えず…って感じの時に、川を撮ったもの。

金沢平野。そこに広がる広大な田んぼ。加賀百万石の名は伊達ではない。

 

R0016648

 

 

例のごとくまっすぐな道を、それらしき建物の方に向かって歩いていると…

また爆音、そして機影が見えた。F-15Jだ。

 

R0016651

 

 

川の横にある並木道。ちょうどその上くらいで日本海に向かい、

戦闘機独特の機敏な動きでターンして行く。

 

R0016656

 

 

どうやらタッチアンドゴーの訓練中のようだった。訓練なら結構な時間やってるんだろう。

でもずっと続くわけじゃない。やっている間に、滑走路の良く見えるところに行きたい。

急ぎ足になったところで、ヘリコプターが降りてきていたので一枚。

 

R0016660

 

 

そんなこんなで、小松飛行場の滑走路東側の端っこに来た。

とたんに頭上を2機が離陸していった。

近くに来ると、エンジン音が凄まじい。ここは小松空港の名も持ち、民間機も離着陸する空港だが、

民間機が離陸しても音が気にならないくらいだ。服部では結構やかましく感じたものだが。

 

R0016679

 

 

これはT-2練習機だろうか。

訓練の際は通信の役割を果たす機体だそうで、周囲を飛び回っていた。

 

R0016680

 

 

空が白い日だったので、どの機影もシルエット状態なのだけども。

この写真では外部燃料タンクを装備しているのもミサイルラウンチャーも、

控えめな日の丸も確認できる。

 

R0016681

 

 

実はこの場所からは滑走路が見えない。

なので、音が聞こえてきたら上空に向かってカメラを構え、

高速で移動する機影を流し撮りする、そんなことを繰り返していたとき、

F-15とは違う爆音が。これだ、小松の市街地で聞いた音は。

爆音と、カカカカッと空気を引き裂く音、これが入り交じる。

この機影は…なんとかデータにした機影を直ぐに確認。三菱F-2支援戦闘機じゃないか。

 

R0016685

 

 

そうこうしている間に、また2機が。

 

R0016690

 

 

真上を通過していく。

 

R0016692

 

 

イチかバチか。もっとズームを効かせて撮って見た。撮れた。

薄く飛行機雲が走っているのも写ってた。これがベストショットかなあと思う。

 

R0016695

 

滑走路斜め側に移動、引き続き撮影モード。

 

R0016709

 

 

ここから離陸する飛行機は民間機も戦闘機も、離陸直後にロールを決めるのだけど、

ロールを決めるころには機影が小さすぎてピントもあってないものが多くてなんだかなあ。

そんなわけで、撮れた写真はこんな感じの腹側ばっかし。

キャノピーが見えないと、JなのかDJなのかがウチにはわからんちゅーのに。

 

R0016710

 

 

訓練終了。F-15Jが10機ほど、次々に着陸して格納庫あたりに移動していく。

 

R0016724

 

 

この位置から見ると、相当数のF15JとDJが置いてあるのが解った。

ならば。

バスに乗るためだけに寄ろうと思っていたけど、小松空港の展望デッキにも行ってみるか。

 

R0016732

 

 

えっちらおっちらと2キロ弱ほど歩き、50円払って上がってきた小松空港展望デッキ。

 

R0016775

 

 

デッキからは基地全体がよく見えた。こりゃ1日居座ってても飽きないかも。…何かが飛んでいればね。

綺麗に並べられたF-15J。その前を横切るT-2。ここまで歩いて来て、上がって来てよかったあ。

 

 R0016781

 

 

F-2支援戦闘機も見えた。

この機体は海上では目立たない「洋上迷彩」が施されている。青と黒の迷彩柄なのだが…よく見えない。

役目は、対艦戦闘。

能力的には船一艘沈めることくらいはできるのだろうが、基本こちらからは攻撃しないのが自衛隊。

しかし、領空や領海の侵犯を何もせずただ見ているわけではない。

最近また物騒になっているから、牽制の意味もこめて小松基地にこれを配備しているのだろう。

 

R0016780

 

 

ここに来る時見かけたヘリコプターだろう。これも洋上迷彩されている。

小松救難隊のUH-60Jってやつだろうか。判別できるくらいの写真が撮りたかった…。

 

R0016785

 

 

全体図を撮っておきたいなあと思い、少しづつずらしながら何枚も撮影。

そんなことを3~4回やったかな。

MicrosoftICEに突っ込んでみたら、12枚の写真を綺麗に繋げてくれた。

それが、これ。なんか実際見た時よりも迫力がある感じ。

これとかを撮った後、時間的にヤバくなったので小松駅にバスで向かう。

 

R0016785_stitch

 

 

場所は変わって加賀温泉。

この駅から降りると、どかーんと観音様が立っているのが見えるはず。

だってこんなにでかいんだから。多分、5~60mあるんじゃないだろうか。

なかなかの威圧感迫力だが…バブルの遺産だそうで。

現地の人曰く宗教テーマパークみたいなものだったそうである。

観音様の中にも入れて、中は金ぴか。そのほかの施設も悪趣味なほどに金ぴかだったそうだ。

一度廃業してしまい、今は看板の見える観音温泉ホテルの一部になっているとのこと。

 

R0016807

 

 

まーっすぐな道に広大な田んぼ。等間隔で並ぶ電柱、そして観音様。

やっぱでかい。ここら辺のどこからでも見えるんじゃないだろうか。

 

R0016823

 

 

観音様と逆方向をパノラマで。

加賀温泉郷と、そのバックに雪山。そして手前はひたすら田んぼ。

JR加賀温泉駅は、加賀温泉郷からはかなり離れた場所にある。

なので、出迎えのバスなんかが出ているからそれを使うといいと思う。

 

R0016811_stitch

 

 

石川に向かうため、駅に戻ったらえらい雨に会ってしまった。

その雨の中、珍しく細いほうを先頭車両にしたサンダーバードが着たのでパシャリ。

 

R0016844

 

 

今日はこの辺で。

ちなみにこの日の歩数を見てみると、23400歩位だった。

10キロ超えてるよ。よく歩いたもんだ。

 

長かった出張旅行も明日でおしまい。

ネタは大量に仕入れているから、こんな感じの更新が続くかも。

って、北摂の写真も撮らないとだよね…w

 

 

オマケは駅で見かけたちょっとかわいい名前のお土産。

 

 

続きを読む

テーマ : RICOH DIGITAL CAMERA
ジャンル : 写真

プロフィール

Thinks♪

Author:Thinks♪
基本、歩くのが好きで花とか虫とか犬とか猫なんかも好き。
アニメにマンガも好き。
何故か最近カメラにハマる。

連絡先はこちら。
thinks☆live.jp  
☆を半角@に変換願います。

Twitterで文字通りつぶやいてます。
リンクの最下段からどぞ。
あ、いいな。と思ったら写真を撮ってつぶやくので、
もしかしたらここよりも面白い写真があるかもですよ。

推奨環境
1280×1024 display
32bit color.
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

台湾MSの光ちゃん時計
Get Microsoft Silverlight
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
02 | 2010/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
グーバーウォーク



blogram投票ボタン
リンク
月別アーカイブ
FC2カウンター
あなたの…
flash boreal kiss
FC2共有プラグイン 「pictlayer」
拡大画像をレイヤ表示させる   プラグインを使用しています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。