スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ある日の倉敷あたり with CX1。

ほい。
先の更新でも書いたが、現在ウチは岡山方面に出張中で、今は倉敷のホテルに滞在中である。

そこで、だ。タイトルどおりに倉敷あたりの画像をお届けしようかとおもう。
ほぼ撮って出しなので、あまりクオリティに自信がない。その代わり数で攻める格好になるので、
このページ、ひじょーに縦に長い。そのあたりご勘弁願いたい。


岡山市児島。本四架橋児島坂出ルート、すなわち瀬戸大橋のたもとにある町。
街中で梅の花がちらほら咲いていた。

梅の花。


山陽新幹線の駅、新倉敷駅のすぐ近く。新しい公園があった。
もともとは遊水地で、その一部を埋め立てて作られたらしい。
なので、半分は池で半分は公園と言った感じの造りになっており、西日が水に綺麗だったので何枚か撮った。

新倉敷駅近く。


その公園にあった、ポンプ付きの風車。どこに水を汲み上げているのかは謎。

風車。


できたばかりの公園だからだろうか、芝生がえらく綺麗だった。
コンデジだからこそ、ひょいっと芝生の上に置くように撮ることなんかも簡単ですよ、と言いたかったみたいな一枚。

きれいな芝生。


今までの写真ではなんか倉敷って感じがしないんじゃないだろうか。ウチもそう思った。
倉敷っつーたらこれだろ!って場所にも行きてーよなあ。
と言うことで行って参りました。倉敷美観地区。
古い建物が保存、もしくは再現されている町並みが売りの観光スポットである。

倉敷美観地区。


よく言われるのが、倉敷は白壁の街。川べりのヤナギ。
そういうイメージで撮っているのだが、ヤナギの葉が散ってしまっているのでそれほどそんな感じじゃない。

柳はあんまりない。


どれだけが元々からあった建物でどれが新しく作られた建物かは一見では判らない。
この地区だけではあるが、江戸の町並みを今に残す場所である。
大正時代あたりの建築物もあるが、これが不思議なくらいに景観に合っている。

雰囲気がすばらしい。


ともかく、やっぱり川がすきなウチとしては、この景観はツボにはまる。
羽織袴に丸メガネで歩いてみたい気分だ。やってみれば邪魔くさいんだろうけど。

やっぱり川がすき。


ヤナギの葉が少々残っていたので、必殺のマクロ撮影。
いい感じで背景の白壁がボケた様子。

柳と蔵と。


地元の方に飼われておられるらしいチワワくん。
「わかっとるんかのー。いつもここ来りゃ他人に挨拶しに行きよるんよー」
だそうだ。なかなか可愛らしい歓迎を受けた。でも、女の人のほうにはもっとサービスしてた。
こいつ、できる子。

チワワ。


さて。どっか行ったらなんか知らんけど見つけてしまうのがご当地キティさんだと、
ウチは前から紹介しているわけだが。やっぱここにも居た。なんか縁起がよさそうな金色キティさん。

金色キティさん。


そして、桃太郎キティとかに混じっていらっしゃったのが…ゲゲゲのキティさん。
なんだこの可愛さはw

何やこの可愛さはw


ウチが知っている倉敷、と言う景色の場所を抜け、昔ながらの街並みがそのまま残ると言う本町辺りに行ってみた。

古い町並み。


確かにそのまま建物は残っている。が、
古い建物に電線に電柱、自転車にバイク、車に工事現場といろいろと現代のものが入り混じって、
なんだか相当不思議な光景に。これはこれですごく味があると思うのはウチだけだろうか。

電柱が味を増す。


昼飯を美観地区で、と思えば結構高くつくんだろうなー、と思っていたが、
ちょっといい感じのうどん屋さんがあったので入ってみた。この天ぷらうどんが650円。味も申し分なしで大満足♪

天ぷらうどん♪


腹も満足したところで、椿の花を見つけた。町並みをバックに一枚。

椿と町並み。


この古い町並みのはずれにあるのがこの建物。いがらしゆみこ美術館である。
ウチには「キャンディキャンディ」のイメージしかない。
なんでもいがらしゆみこ作品に出てくる衣装を実際に着て写真が撮れる(有料)らしい。
こんなのがあるのでご当地出身の人なのかと思ったが、いがらしゆみこ先生は北海道の出身だそうである。

いがらしゆみこ美術館。


倉敷と言えば美観地区ともうひとつ、倉敷チボリ公園、という認識だったウチだ。
ところが。倉敷チボリ公園は閉鎖されてしまい、今は空き地があるのみだった。
しかし、JR倉敷駅にはそれがあった名残が残されている。
まず、この駅舎の概観。そして、北口にあるこの時計台である。

倉敷駅前。


この時計台、一日に数回、こうやって上にせり上がって…

せり上がる。


アンデルセン童話をモチーフにしたからくりと音楽によるショーが行われる。
要するにこの時計台がそのままでっかいからくり時計。
偶然、駅に着いたときにこのからくりがみられたウチは、いいものが見られた、と思った。

巨大からくり時計でした。


ここからは夕日シリーズ。

その時計台を夕日に向かって逆光撮影した写真。
なんかいつものパターンだけど、ウチはこの手の写真を撮るのも見るのも飽きない。

時計台の夕日。


新倉敷駅の駅舎に写り込んだ夕日が綺麗だったので撮った。
新幹線側の入り口に当たる北口を撮ったものなのだが、この立派な駅舎の北口側、見事にがらんどう。
中に入っても何のテナントも入っていない。KIOSKと自動販売機くらいはあったかも…くらいだ。

新倉敷駅の夕日。


新倉敷駅から在来線と新幹線がひたすら延びているのを撮ってみたヤツ。
太陽の光が変にエフェクトっぽくなっているのは、窓ガラスが汚れていて乱反射したからだと思う。

線路の夕日。

児島から倉敷に向かう途中、バスの中からの夕やけ。バスの照明が写り込んでいるのはご愛嬌で。
しつこいようだがウチはこの手の写真を撮るのも見るのも飽きない。そんなこんなでシルエットだらけ。

ガソスタ@夕日


ウチが現在も滞在中で3日滞在したこととなるホテルからの夕日。窓から倉敷市街が一望できた。
このホテル、建屋は古いが倉敷駅直結、テレビも27インチでLAN環境もあり、
値段の割には部屋が広くソファも置かれているなど、実に快適だ。

ホテルからの夕日。


長かった6日間の出張ももう明日を残すばかり。
そして次回は松山だそうである。
なんだか、半分旅行の気分が味わえはじめた、そんな冬の日。

今回は以上で。ほかにも撮ってある写真はあるから、また紹介できたらなー、と思う。


オマケは、なぜ出張先から更新できているのか、を駄文とともに。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : RICOH DIGITAL CAMERA
ジャンル : 写真

プロフィール

Thinks♪

Author:Thinks♪
基本、歩くのが好きで花とか虫とか犬とか猫なんかも好き。
アニメにマンガも好き。
何故か最近カメラにハマる。

連絡先はこちら。
thinks☆live.jp  
☆を半角@に変換願います。

Twitterで文字通りつぶやいてます。
リンクの最下段からどぞ。
あ、いいな。と思ったら写真を撮ってつぶやくので、
もしかしたらここよりも面白い写真があるかもですよ。

推奨環境
1280×1024 display
32bit color.
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

台湾MSの光ちゃん時計
Get Microsoft Silverlight
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
01 | 2010/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
グーバーウォーク



blogram投票ボタン
リンク
月別アーカイブ
FC2カウンター
あなたの…
flash boreal kiss
FC2共有プラグイン 「pictlayer」
拡大画像をレイヤ表示させる   プラグインを使用しています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。