スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国宝・彦根城を見に行った。

豊郷小学校を探訪した後、ウチにはもう一つこの辺りに見ておきたい建物があった。
居心地の良い校舎を早々に(3時間ほどで)引き上げてわざわざ見に来たのが、
このように、JR彦根駅からでもその姿を見ることができる、彦根城である。

彦根城・遠景。
F9.4 1/610 EV-0.7 ISO100 200mm


彦根城は江戸時代からの姿をそのまま残す現存天守の一つで、天守閣は国宝である。
築城年は1622年。以後、井伊氏の居城として14代の長きの間、使用されてきた。
…と、どこかの看板に書いてあった。
彦根城では現在、井伊直弼と開国150年祭が開催されており、
今であれば多聞櫓や天秤櫓の内部を見ることができる…ことをウチが知ったのは、行ってからだったのだけど。
ウチは昔の人が作ったものが好きだが、歴史にはからっきし疎い。そんなヤツの説明で申し訳ない。


彦根駅から歩いていくと、御濠が見えてくる。そしていかにも城っぽい建築物が見えてくる。
多聞櫓(たもんやぐら)。名前からしてどーんと構えている。

多聞櫓。
F3.7 1/570 EV-0.7 ISO100 35mm


多聞櫓の右に堀に沿って伸びるのが佐和口多聞櫓。

佐和口多聞櫓。
F5.6 1/760 EV-0.7 ISO100 35mm


佐和口多聞櫓の一部を二の丸側から。ここが佐和口門と言う門があった跡なのだそうだ。
今は車道となった道の横にそびえる石垣と白い壁とそれにかかる影がなんとも言えない。

佐和口多聞櫓2。
F5.0 1/2000 EV-0.7 ISO100 28mm


二の丸跡地は駐車場になっているのだが、その横に建っているのがこの建物、重要文化財「馬屋」。
なんで馬屋が重要文化財やのん?とか思うだろう。ウチもそう思った。
江戸時代から昔に建てられた数多の城の中で、天守閣が現存している城は全国に僅か12城しかない。
しかし、城の中に残っている馬屋は彦根城のこれしか無いのだそうだ。なるほど。

馬屋。
F5.4 1/810 EV-0.7 ISO100 32mm


馬屋の内部。鎧を着こんで乗られても平気な馬が何頭いてもつぶれやしない。
その強度を得るためなのか…柱、太っ!!そこらの家の大黒柱でもこんな太さは無いと思う。

馬屋内部。
F3.3 1/13 EV-0.7 ISO100 28mm


表門辺りから天守を望んだ風景。では登らせていただきますか。

表門辺りから天守を望む。
F6.5 1/1070 EV-0.7 ISO100 58mm


と、思ったら御濠から妙な声がするので見てみると、真っ黒なのが鳴きながら泳いでいた。
コクチョウがあげるその声は…何と言うか。あるじゃない。あの、よちよち歩き始めた子供に穿かせる、
歩みを進めるたびにピプーピプー言うあのサンダル。あれみたいだったよ?…ほんとだってば。

濠を泳いでいたコクチョウ。
F4.5 1/290 EV-0.7 ISO100 74mm


二の丸駐車場で一服していると、多聞櫓に入れるとか書いてあったので入ってみた。
梁が太い。漆喰でできた壁が見事に波打つように造られているのが印象的。

多聞櫓内部。
F3.3 1/7 EV-0.7 ISO100 28mm


お堀が良く見える窓から一枚。下の四角と三角の窓は狭間(さま)。鉄砲や弓で攻撃するための窓。

多聞櫓から御濠を望む。
F3.3 1/189 EV-0.7 ISO100 28mm


表門(今は料金所)を通ってながーい石造りの階段を上ると、木製の橋が見えてきた。
この建物は天秤櫓(てんびんやぐら)。その名の由来は次の写真で。

天秤櫓を下から。
F5.0 1/1760 EV-0.7 ISO100 28mm


はい、もう見ての通り。見た目が天秤のようだからだ。

天秤櫓。
F5.0 1/2000 EV-0.7 ISO100 28mm


天秤櫓内部。柱だらけ。傍目は一直線だが内部はごちゃごちゃしている。
防火のためとか、攻め入られた時の防壁だとか、そういうことらしい。

天秤櫓内部。
F4.2 1/12 EV-0.7 ISO100 50mm


天秤櫓の門を潜ってすぐの道。
大木と石垣に囲まれた道を歩いていると、ああ、城に登っている、と言う感じがする。当たり前だけど。
赤い傘が立っているところは茶屋になっていて、お茶を飲むこともできる。

雰囲気満点の道。
F3.3 1/570 EV-0.7 ISO100 28mm


茶屋の隣にあった鐘。時報鐘と言い、今でも一定時刻にはこの鐘が突かれて時刻を教える…
と言う話だが、ウチはこの鐘の音は聞けなかった。

時報鐘。
F3.3 1/620 EV-0.7 ISO100 28mm


時報鐘のすぐそばにあるのが、太鼓門櫓。天守を守る最後の砦だ。
扉の造りが今までの門に増して頑丈に作られているのが見て取れる。

太鼓門櫓。
F5.0 1/203 EV+0.7 ISO80 28mm (ダイナミックレンジダブルショット)



今回はここまで。次回は国宝・彦根城天守閣とその周辺から見た景観を。
スポンサーサイト

テーマ : 史跡・神社・仏閣
ジャンル : 写真

プロフィール

Thinks♪

Author:Thinks♪
基本、歩くのが好きで花とか虫とか犬とか猫なんかも好き。
アニメにマンガも好き。
何故か最近カメラにハマる。

連絡先はこちら。
thinks☆live.jp  
☆を半角@に変換願います。

Twitterで文字通りつぶやいてます。
リンクの最下段からどぞ。
あ、いいな。と思ったら写真を撮ってつぶやくので、
もしかしたらここよりも面白い写真があるかもですよ。

推奨環境
1280×1024 display
32bit color.
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

台湾MSの光ちゃん時計
Get Microsoft Silverlight
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
グーバーウォーク



blogram投票ボタン
リンク
月別アーカイブ
FC2カウンター
あなたの…
flash boreal kiss
FC2共有プラグイン 「pictlayer」
拡大画像をレイヤ表示させる   プラグインを使用しています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。