スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

近くの遺跡を探訪してみた。

ここのところ、少しブログ拍手やヒット数が増えていて嬉しい。
どうやらCX1で検索するとここが引っかかる検索エンジンがあるようだ。下手な写真で申し訳ない。
でも、もし良かったらコメントなどもよろしく願います。


さて、今日はまた近所なのだが、ここいらには大小の遺跡が多くあるので、目立つ物を紹介したいと思う。

最初は木の実から。ムラサキシキブと言う、実が綺麗な木があったので撮ってみたもの。
実はそれぞれ2mmくらいの小さな実だが、色が鮮やかなので目立つ。

ムラサキシキブ。
F6.5 1/233 EV-0.7 ISO80 58mm (ズームマクロモード)


余所見をしながらやってきたのは、史跡新池ハニワ工場公園。通称、新池遺跡、ハニワ公園。
この公園の近くには、大きな前方後円墳を二つを始めとして、多くの遺跡があり、
その遺跡に奉る埴輪を作成した跡だという。
これは埴輪を焼いた釜を復元した物。他にも幾つか釜の跡があり、
その場所には低木を植えて雰囲気を残してある。

新池ハニワ工場公園。
F5.0 1/760 EV-0.7 ISO100 28mm


公園は複数のマンションが建つ中にあり、古墳時代の住居跡もあったというがその痕跡はもう見られない。
名前の一部である新池のほとりが史跡公園になっている。池にはシラサギが群れていて、エサを探していた。

シラサギの群れ。
F5.2 1/660 EV-0.7 ISO100 200mm


池のほとりの小道には、復元した埴輪のレプリカが幾つか置いてある。
その形状はどれもがユニークだ。日本人は昔からデフォルメとかそういうのが得意だったのだろうか?

ハニワ1。
F3.3 1/760 EV-0.7 ISO100 28mm

ハニワ3。
F4.1 1/570 EV-0.7 ISO100 46mm

ハニワ2。
F4.1 1/660 EV-0.7 ISO100 46mm

ニワトリハニワ。
F4.1 1/470 EV-0.7 ISO100 46mm


建物の中に発掘当時のまま保存されている釜の跡。炭の跡や割れた埴輪がそのまま残されている。
暗かったのでブレたようで、少し見づらい写真。

ハニワを焼いていた釜の跡。
F3.3 1/16 EV-0.7 ISO100 28mm (スナップモード)


これはその建物の中のショーケースの中にあった、本物の埴輪。
なんか家に一個欲しい気がする。

本物のハニワ。
F3.3 1/9 EV-0.7 ISO100 28mm


復元された埴輪製作場。屋根だけか!?ってくらいに屋根がでかい。
ここで埴輪を作っていたそうだが、発掘された埴輪の高さより軒先の高さが低いような気がする。
まあ、うまいことやってたんだろうが。

ハニワの製作場。
F5.0 1/500 EV-0.7 ISO100 28mm


製作場の横を、ギンヤンマが飛んでいた。すぐに居なくなったがそこで諦めてはいかん。
ギンヤンマは縄張りを持っているから、待っていれば必ず帰ってくるのだ。
で、待っていたら帰ってきたので撮った写真。あんまりはっきりしない。

ギンヤンマの飛翔。
F9.4 1/540 EV-0.7 ISO100 200mm (連写モード)


公園を出て歩いていると、夕焼けの中に変わった草を見つけた。
ハツユキソウと言う草のようで、主に葉を鑑賞するものだそうだが、少し可愛い花も咲いていた。

ハツユキソウin夕焼け。
F6.5 1/133 EV-0.7 ISO80 58mm (ズームマクロモード)


葉や花も撮っておかないと後でなんとも困るよなあと言うことで、フラッシュを焚いて写真を撮ろうとしたら、
何かもぞもぞと動いているヤツがいる。ズームマクロとフラッシュで撮ってみたらハエだった。
ちょっとがっかり。しかしまあ、他の虫にないその口の形なんかは面白いかもしれない。
ツマグロキンバエという、花に寄るハエだそうだ。

CAUTION !! ハエ警報!! 覚悟できたらクリック拡大。
ツマグロキンバエ。
F6.5 1/64 EV-0.7 ISO80 58mm (ズームマクロモード)


この日は暗くなったので、また別の日に撮った写真だが、大きな古墳の写真を。
とは言え、ほとんど林の写真にしか見えないんだが。

北摂唯一の天皇陵、継体天皇陵の入り口。
宮内庁に管理されているのと立派な堀があるため中には入れない。

現継体天皇陵1。
F4.2 1/217 EV-0.7 ISO100 50mm

といっても、参拝はできる…のだが、この日は扉が締めてあったので横から撮らせてもらった。
継体天皇陵とされているこの古墳、大田茶臼山古墳は全長226m、全幅147mの大規模な前方後円墳だが、
住宅地の中にあるため、その広さを撮る場所が無かった。なので広さが伝わらない写真しかない。
この古墳では過去に行われた宮内庁による発掘調査において大量の埴輪が発掘されており、
その埴輪も新池遺跡で作成された事が判っている。

現継体天皇陵2。
F6.3 1/620 EV-0.7 ISO100 50mm


その大田茶臼山古墳から1.5kmほど離れた所にある、今城塚古墳の写真。
この古墳は作成時期、古墳自体の形、規模、発掘調査、出てきた埴輪の数、質、などから、
真の継体天皇陵ではないかと言われている重要な古墳だ。
撮った写真をMicrosoft ICEを使ってパノラマにしてみた。手前がお堀の堤、奥の小山のようなのが墳丘。
今城塚古墳の全長は350m、全幅は340m。大田茶臼山古墳よりさらに規模が大きい。
だが、過去の地震で墳丘が崩壊しているのと、戦国時代に砦にされた事があるなどしたらしく荒廃していた。
現在、古墳全体を史跡公園にするために工事が行われている。
工事に関してはいろいろと問題もあるようだが…。立派な公園にしていただきたい。

今城塚古墳。



今回はあまり見栄えの良い写真がなかった気がするが、
古墳だらけなこの近辺の雰囲気が少しわかっていただければ幸いである。

懲りずに次回も近所で。


参考:高槻市インターネット博物館:古墳時代
    http://www.city.takatsuki.osaka.jp/rekishi/kohun.html
    茨木市ホームページ:継体天皇陵
    http://www.city.ibaraki.osaka.jp/kankou/shiseki/keitaiten.html

テーマ : ある日の風景や景色
ジャンル : 写真

月の出を撮ってみた。

先日紹介した月の写真を撮った日の翌日。
夕方には良い月が昇りそうだったので、撮りに行ってみた。
その前に、前の公園とは別の公園で撮った写真を数枚紹介しよう。


その少し離れた公園で撮った写真。この公園はかなり規模が大きく、中には小川が造ってある。
その小川に見慣れないトンボがうじゃうじゃ居た。

ハグロトンボ1。
F5.2 1/73 EV-0.7 ISO100 200mm


こいつらはハグロトンボじゃないかと思うが、細い身体をしていて翅が真っ黒。
飛ぶにもひらひらとチョウのように飛ぶ。どこかにとまる時にも翅を閉じてとまる。
しばらく休むと伸びをするように翅を拡げ、尻を上げる仕草をする。実にトンボらしくない。

ハグロトンボ2。
F5.2 1/73 EV-0.7 ISO100 200mm


メスゲットだぜー!と言うところだろうか。メスは地味な色をしているのが解る。
カワトンボの類はこうするようだが、2匹がハートを作る姿が可愛らしい。
昆虫の写真にこういう写真が多い理由が解った。こいつら、交接中は動きが鈍い。
また、確実にオスとメスが写るから、それぞれの特徴が解るのだろう。
木の葉にピントが行ってしまったのが、残念。

ハグロトンボの交節。
F5.2 1/9 EV-0.7 ISO100 200mm


その公園の横に流れている川にはいくつか堰がある。
堰を良く見ると、小魚が日光に反射してきらきら光る様子が、橋の上からも見えるのだが。
当然こいつらにはそれが美味そうに見えるのだろう。コサギが狙っていた。
コサギの特徴であるアホ毛冠毛が良く写っている。

えさとり中のコサギ。
F5.2 1/164 EV-0.7 ISO100 200mm


さて、本番。
夕焼けの中、この間コサギを撮った電柱の辺りに行き、一枚。
広い田んぼがあり、ビニールハウスも幾つかある。写真にすると農村風景のようなこの場所。
実はこの辺一帯が安満遺跡と言う国の史跡だ。
弥生時代の住居跡や道具が発見されていて、現在は京都大学の付属農場になっている。

安満遺跡。
F4.2 1/440 EV-0.7 ISO100 50mm


まだ日が沈んでいないので何か撮るものが無いかとうろうろしていたら、可愛い花が咲いていた。
バジルの一種だと思うのだが。夕日に照らされた姿がわりと綺麗だった。

バジル?
F6.5 1/23 EV-0.7 ISO80 58mm (ズームマクロモード)


そうこうしていると日が落ちた。赤に染まる空とビルを逆光で。
いろいろとシルエットが出てなかなか。

夕焼け。
F5.0 1/1320 EV-0.7 ISO100 28mm (スナップモード)


真っ赤な月が昇ってきた。普通に撮影した一枚。
薄暗くなってもカメラがしっかり調整してくれるため、妙に明るく写っているがもう6時半だ。

月の出1。
F4.3 1/6 EV-0.7 ISO100 58mm


そこで、レンズを街灯に向けてAEロック、その後撮った月がこれだ。このほうがかなり見た目に近い。
大きく見える赤い月。月がこの色に染まる時間はそれほど長くはない。
犬の散歩ついでに月を見に来たという親子連れの方がいらした時にはもう赤くはなかった。

月の出2。
F5.2 1/23 EV-0.7 ISO100 200mm (AEロック)


黄色く輝くようになった月をバックに電車を撮ってみた一枚。
夜の電車は、変な味のある写真にしかならないが、まあそれはそれで。

電車が走る。
F4.5 1/4 EV-0.7 ISO100 74mm (ホワイトバランス晴空、MF)


ここからは大阪梅田で撮った写真を2枚。

大阪梅田は今、建設ラッシュになっていて、あちらこちらにクレーンが立っているのだが、
阪急梅田ビルのオフィス棟が完成したようだ。相当にでかいビルになってしまった。
前の建物の方が好きだったのだけれども、アレも古いビルだったので仕方なかろう。
隣にあるのが阪急グランドビル。ハルヒ系の話をしてしまうが、神人がぶっ壊したビルのモデルだ。
32番街と呼ばれることが多いビルだがこれが120m程なので、多分このビル200m近くあるんじゃなかろうか。

梅田阪急ビル。
F5.0 1/1410 EV-0.7 ISO100 28mm


歩道橋の上でごっきげんにギターを弾いている人、それに合わせて歌う人。
梅田では珍しい光景ではないが、この人たちは聞き応えのある曲を演奏していた。

ライブ中。
F4.6 1/760 EV-0.7 ISO100 85mm

今日はこの辺で。
次回もまた近所。

テーマ : ある日の風景や景色
ジャンル : 写真

ぶらり、公園へ。

この日は、雲ひとつないまさに快晴だったため、鳥を探そうと思った。
鳥はいろいろすばやいので、光量が無いとなんだかわからない写真になる。
実際そういう写真になったので、晴れたら鳥を撮ろう、と思っていたのである。

いきなり気が変わって撮っているのがこれ。近所のお宅に植えてあった草だ。
アメリカンブルーと言うこの花、一発でスパーンと撮れた。やはり、晴れの日は撮りやすい。

アメリカンブルー
F6.5 1/540 EV-0.3 ISO100 58mm (ズームマクロモード)


河川敷に咲いていた花に、キアゲハだろうか。アゲハチョウが集っていた。
こいつらは蜜を吸っている時にも羽ばたきを止めないので、
逆光気味に撮ってみたのだがそれでも羽がブレている。

キアゲハ。
F5.2 1/290 EV-0.7 ISO100 200mm (MF)


まったく近寄ってくれないアゲハ君に夢中になっていると、手前の花に別のチョウが止まっているじゃないか。
ああ、君はなんてかわいらしいんだっ。
ツマグロヒョウモンと言うチョウのようだ。翅が痛んでいたので、飛びにくかったのかもしれない。
風がわりと吹いていたのだが、揺れても全然気にしない風に蜜を吸っているところを一枚いただいた。

ツマグロヒョウモン。
F6.5 1/470 EV-0.3 ISO100 58mm (ズームマクロモード)


歩道の横に、昔は花壇でした。と言う感じの場所があり、そこに一輪だけ咲いていた花にアブっぽい虫が居た。
良く見ると目が小さい。ハナバチかも知れんなと思って何枚か撮ったものの一枚。
こいつはキンケハラナガツチバチと言うハチのようで、蜜を吸うのではなく、花粉を喰うのだそうだ。
幼虫はコガネムシの幼虫に寄生するという。

キンケハラナガツチバチ。
F6.5 1/760 EV-0.3 ISO100 58mm (ズームマクロモード)


赤とんぼが舞い飛ぶ田んぼの横を、スズメを脅しながら歩いていると、白いやつが電柱の上に止まった。
シラサギだ。ここらのシラサギはわりかし人に慣れているので良く姿を見るのだが、今回は、近い。
電柱のほぼ真下に居たウチは、少し距離をとるべく、そーっと後ずさり。
なんか横目でじーーっと見られていたのだが、これがその時撮れた写真。
頭の後ろに一本、とある方面の専門用語で言うアホ毛のような羽があったのでコサギだと思う。

コサギ。
F5.2 1/870 EV-0.7 ISO100 200mm


とある神社の境内の木陰でぼけーっと突っ立っていた鳥。見慣れた鳥だ。ツグミの一種だと思う。
もっと大きく撮れないかと近寄ってみたら、飛ばずにぽんぽん跳ねて逃げた。

ツグミ。
F5.2 1/440 EV-0.7 ISO100 200mm


この日、目的地にしていた公園にはドバトとスズメがわんさか。こりゃ何枚か撮れるな。普通の写真が。
「にーちゃん、えさくれやー。よこせやー」と向こうから寄ってくるドバトとは対照的に、
「なんや変なのんおんでー、気ーつけーやー」とでも言ってるのだろうスズメは、こっちが動くと100%逃げる。
忍耐だな。と、クソ暑い中ベンチに座って待っていると、すぐそばの木の根元でスズメたちが砂浴びを始めた。
何に警戒したのか知らないが、4羽とも1点を見つめてチュンチュンと鳴いている。

スズメの砂浴び。
F6.2 1/760 EV-0.7 ISO100 200mm


池のほとりの石の影で、アヒルが二羽、日陰を堪能していた。この公園で飼われているのだろう。
そんなもんで人に慣れきってしまっていて、子供が近寄ろうが自転車が止まろうがカメラを構えようが、
たまに瞬きをする程度でガァともすんとも言わない。縁側で茶を飲む年寄り夫婦とかを連想させる。
池を泳ぐ姿も良いが、これはこれで。

一休み。
F4.9 1/270 EV-0.7 ISO100 119mm


そんな公園の、広場の片隅に咲いていた花。
なんだか特徴的なので撮ってみたのだが、結局名前がわからなかった。
ブラシノキのような感じだが、ブラシノキの花はもっと集団で咲くっぽいのと、花の横から葉っぱが出ている写真が見当たらない。別種類かもしれないが、ウチの中ではブラシノキと言うことにしておく。

ブラシノキ?。
F4.3 1/760 EV-0.3 ISO100 58mm (ズームマクロモード)


喫煙場所になっているベンチのすぐ横に、ムギワラトンボが止まっていた。
翅が綺麗な子で、しかもこの花壇横の石垣がお気に入りらしく、飛んでもまたすぐに同じ場所に止まる。
その綺麗な翅脈が良く撮れていた写真がこれ。被写界深度と言うものが良く解る…かもしれない。

ムギワラトンボ。
F4.3 1/540 EV-0.3 ISO100 58mm (ズームマクロモード)


先ほどの池に帰ってきてみると、ぼけーっとしてたアヒルが今度は眠っていた。しかも位置を変えて。
何よこの可愛さ。羽の下に頭を隠せるはずなのに何故にちょこんと乗せたままなのだおまえらは。

本休み。
F4.9 1/203 EV-0.7 ISO100 119mm


さっき神社で見た子…とは別の子なんだろうが、同じ姿の鳥がやはり地面を跳ねていて、
舞い上がったと思ったら赤い実をつけた木の枝に止まり、ぱくぱくとやり始めた。
マニュアルフォーカスで撮ろうと思ったが、ちょこちょこ動き回るためになかなか追いつかない。
結局はオートフォーカスで何枚かシャッターを切ったら、ぱくりと咥えた所が撮れていた。

ツグミの食事。
F5.2 1/143 EV-0.7 ISO100 200mm


この日は鳥も花もハチもトンボもチョウも撮れて満足だった。
案外近くのほうが、道や生えている木や景色なんかに詳しいから良い写真が撮れるのかもしれない。
この公園にはまたCX1と一緒に行こう。今度は涼しくなってから。



最後に。
クレヨンしんちゃんの作者、臼井儀人氏が亡くなった。いまさら説明する必要もないが、
しんのすけは春日部と言う街の代表的キャラクターであり、子供らには身近なヒーローと言えよう。
ウチらみたいなマンガ、アニメ好きは誰もが一度はあの口真似をやった事があるかもしれない。
原作同様泣けると評判の実写版映画も公開中、そんな時に実に残念だ。ご冥福をお祈りする。

テーマ : 花の写真
ジャンル : 写真

名前の分からなかった花の名前を調べてみた。

今日は、今までに撮ってはいたものの名前が分からず、
やむなくボツにしていたものを時間をかけて調べてみたので、それを中心に紹介しようと思う。


こちらを睨みつけて来ているような雄しべを持つ、近所で撮ったこの花、名前をコエビソウと言う。
この姿、確かに海老みたいに見えなくは無い。
続けての写真は神戸の布引ハーブ園にて同じ花と思って撮った写真だが、良く似た別の品種だった。
パキスタキスと言う花だそうで。
そう言えば、コエビソウは垂れ下がるように咲いていたがパキスタキスはサルビアのように伸び上がっていた。

コエビソウ。
F4.3 1/52 EV-0.3 ISO200 58mm (ズームマクロモード)

パキスタキス。
F6.5 1/10 ISO100 58mm (ズームマクロモード)


良く見る園芸植物。何故か名前が見当たらずにほっといたのだが、ルリマツリという木らしい。
これは近所で撮った物だが、晴れた日に集団で咲いているのを撮った物もある。またここで紹介するだろう。

ルリマツリ。
F4.3 1/164 EV-0.7 ISO200 58mm (ズームマクロモード)


赤紫の葉に赤紫の花。その名もムラサキゴテン。ツユクサの仲間だそうだが、そうは見えない。
西宮、甲陽園で撮ったもの。

ムラサキゴテン。
F6.5 1/1230 EV-0.7 ISO200 58mm (ズームマクロモード)


これも西宮、甲陽園駅近くで撮ったもの。
今が旬のサンマなんかにこれが添えてあると、ちょっと嬉しいスダチだ。
名前は見れば解ったのだが、なんかイマイチかなと思ったので置いてあった写真。

スダチ。
F4.3 1/810 EV-0.7 ISO200 58mm (ズームマクロモード)


布引ハーブ園で撮った花。
見ればちゃんと名前が書いてあるのだろうに、まったく記録していなかったため名前がわからなくなった。
この草はローズリーフセージと言うっぽい。
調べたおかげでサルビアとセージは近種だということを始めて知った。そう言えば、花が良く似てる。

ローズリーフセージ。
F6.5 1/133 EV-0.7 ISO100 58mm (ズームマクロモード)


次の写真の花も同じ場所で撮り、また同じ理由で名前がわからなかった。
よくチョウが集っているのを見る花だが。
バーベナの一種で、バーベナ・ボナリエンシス。和名はヤナギハナガサだそうだ。

バーベナ・ボナリエンシス。
F6.5 1/90 EV-0.7 ISO100 58mm (ズームマクロモード)


近所のお宅で丁寧に育てられていた花、モミジアオイ。
このお宅の庭にはたくさんの鉢が置いてあり、どれもがきれいに手入れされていた。この花も幸せだろう。
20cmほどある大きな花だった。真っ赤で巨大なムクゲのような印象。

モミジアオイ。
F6.5 1/90 ISO100 58mm (ズームマクロモード)


この草はケイトウと言う。近所の、オクラやプチトマトなどが育てられていた畑の片隅に咲いていた。
小さい花がびっしりと集ってこの形を作っている、面白い草だ。
ケイトウ、漢字で書けば鶏頭。確かにトサカみたいだ。きつい色だからか色飽和を起こしている。

ケイトウ。
F6.5 1/68 ISO100 58mm (ズームマクロモード)


摂津峡近くに生えていた草。ひょろひょろと伸びて小さな花をいくつかつけていた。
写真を撮った時は、カラスノエンドウとかスズメノエンドウとか言うヤツかなと思っていたが…。
記憶に残っていたのと調べてみた結果では、葉も花も全然違う。
範囲を広げて調べた所、アレチノヌスビトハギという草だと解った。花の特徴は緑色の斑点だろう。

アレチノヌスビトハギ。
F4.3 1/104 EV-0.3 ISO100 58mm (ズームマクロモード)


ここからは、いつ紹介したら良いのかわからなかった写真。

会社帰りのこと。通りがかった路地で、女子高生が繋がれた犬に寄られて困ったように笑っていた。
その子に頭を撫でられると、ワンちゃん一気に崩壊。そして完全服従。
飼い主であろう、店の人が笑いながら曰く、「おまえそっちの人のほうがええんかー」
焦点が合ってない眼と言い半開きの口と言い、どっかの世界に行ってしまった風の顔だ。女子高生つええ。
シャッタースピードが遅くブレてしまったが、動きを捉えた感じがして気に入っている写真である。

完璧にふっ飛んでる犬。
F4.7 1/4 EV-0.7 ISO400 93mm


中秋の名月には1ヶ月速いが、満月だったので夜中にベランダに出て撮った一枚。
う~さぎ~うーさーぎ~。なーにー見ーてー跳ーねーる~♪
カメラに任せると長いことシャッターを開けてしまうので、部屋の明かりを使い、露出ロックして撮った。
初めてAEロックと言う機能を使った写真である。この写真はあまりでかくならないのでご勘弁。
と言うのが、真っ暗な所にぽつんと月があるだけの写真なので800x600にトリミングしたから。

満月。
F5.2 1/410 EV-2.0 ISO80 200mm (AEロック、MF)


本日はこの辺で。
次回は、近所の花に集っていたチョウの写真などで更新したいと思う。


今回花の名前を調べるにあたり、利用させていただいたサイトがこちら。
季節の花300 http://www.hana300.com
花の名前、写真、データなど実にわかり易い。是非ご覧、ご利用あれ。

テーマ : 花の写真
ジャンル : 写真

摂津峡からバス停までに居たもの。

さて今日は、率直に言えば昨日の続きだ。

今までは、表示に600x400を指定してきたけれども、良く考えたらアス比狂ってるじゃん。
というわけで、600x450に変更してみたのでご了承願いたい。今までのもそのうち変更します。

摂津峡は、芥川の上流に4Kmに渡り…ってこれはもう書いたか。
ここは紅葉の名所であり、いたるところにもみじが自生している。
下流には摂津峡公園が整備してあり、桜がたくさん植えてある。そこが桜の名所だ。
行ってみたけれども、今の時期は特に撮る物もなく…すごすごと上流に向かって歩いてみた。
すると流れがなだらかになり、小料理屋があるところに出た。

流れがなだらかに。
F4.4 1/153 EV-0.7 ISO100 66mm


その近くに生えていた草。
この草はハナトラノオと言う花で、今までは集団で咲いているところしか見なかったのだが。
2本ばかりぽつんと咲いていて、風もそれほど吹いていない。これは撮らねばと思い撮ったのがこれ。
思い切って近寄って撮ったので、ボケ具合も納得できる物に。

ハナトラノオ。
F4.3 1/133 EV-0.3 ISO100 58mm (ズームマクロモード)


その足元に白い点のように咲いていた花。
これもそのうちまとまって咲くんじゃないかと思うが。キツネノマゴと言う名前の草だそうだ。
何故そんな名前なんだろね、血縁関係でもあるの?

キツネノマゴ。
F4.3 1/570 EV-0.3 ISO100 58mm (ズームマクロモード)


少し登った所から振り返ると、先ほどの小料理屋に植えてあったサルスベリの赤い花が緑に映えていた。
撮ってみたけれども…こういうときにはもっとズームが欲しいかと思う。

サルスベリ。
F5.2 1/330 EV-0.7 ISO100 200mm 


サルスベリの写真を撮ってすぐ。道端に「猫に餌をやらないでください」との看板が出ていた。
居るんかね、ノラが。と思っていたら甲高い声が聞こえる。
すると、駐車場の赤い車の下にちょこんと座って鳴いている子猫が居た。

トラネコ。
F5.2 1/330 EV-0.7 ISO100 200mm


近寄ると、車の下にもぐって行き、座り込んでこっちを見ている。警戒するのか呼ぶのかどっちかにしてくれよ。
カメラを構えつつ少し眺めていたら、よそ見をしたのでそこんところを一枚。
この写真を撮る間に、近所の方に怪訝そうな顔をされた覚えが無い事もないが忘れよう。

トラネコ2。
F5.2 1/133 EV-0.7 ISO100 200mm


こんな事をしていた近くにもなだらかになった渓流はあって、
住宅や田んぼや畑などが増えた中にもその情景を崩さない。
川原があればキャンプをしている光景も変わらない。

渓流横の田んぼ。
F4.5 1/470 EV-0.7 ISO100 74mm


「田んぼの中を歩かないよう」とのことなので、入り口辺りにあった畑に止まっていたトンボを撮ろうと思ったら、足元で跳ねるやつらが居る。これはカエルだなと思って見てみたら、でかかった。
トノサマガエルの集団だ。しかしまあ、逃げる。こいつらを捕まえるには昔も苦労したよなと思い起こしつつ。
田んぼの水の中でぽけーっとしている一匹を接写できた。まーカエルらしい写真になったこと。
手前に生えている草が邪魔だな、と思ってそーっと退けてみようとしたが、さすがに逃げた。

Caution!! カエル警報!! 覚悟できたらクリック拡大。
トノサマガエル。
F4.3 1/270 EV-0.3 ISO100 58mm (ズームマクロモード)


芥川に架かる橋を渡っていると、なだらかな流れに遊ぶカルガモが居た。
そこをわざわざ渡らなくても、泳いでまわればええんちゃうんか。
よたよたと岩の上を歩く様子と言い、ぴょこんと飛び上がって岩の上に乗る姿と言い。
カルガモってやつらは何処にでも居るけれども、何処に居ても可愛らしい。

川にすむカルガモ。
F5.2 1/104 EV-0.7 ISO100 200mm


なにかの施設の前に、センニチコウが綺麗に育ててあった。
先ほどのサルスベリは漢字で百日紅と書くが、こいつは千日紅。逆さに吊るしておくだけでドライフラワーになる。
千日紅いままだからセンニチコウ、夏の間、百日咲き続けるから百日紅。解り易くて良いね。

センニチコウの畑。
F5.4 1/1150 EV-0.7 ISO100 32mm


小さな花壇だが、これをズームマクロで撮ってみたくなった。
撮ってみるとまたこれが良い雰囲気になる。たくさんのボケた丸い花が、シャボン玉なんかを想像させてくれた。
地べたに腰をつけて撮って初めて生まれる景色だ。子供目線くらいか。
あいつらこんな視線でこの花を見てたのか。ずるいぞ。

センニチコウをズームマクロで。
F6.5 1/570 EV-0.3 ISO100 58mm (ズームマクロモード)

センニチコウをズームマクロで2。
F6.8 1/570 EV-0.7 ISO100 58mm (ズームマクロモード)


少し幅の広い道に出た所に物置と言うかゴミ捨て場があって、そこの金網の上に一匹のネコがいた。
毛並みも体格も、ノラを思わせない美人ネコ。可愛いなあと思ってカメラを構えている間、
前足の付け根をしきりに舐めている。良く見ると怪我をしていて治療中のようだった。
ケンカでもしたのかね…ノラには良くあることだが顔もヒゲも綺麗なだけにキズが痛々しい。

傷を癒す美人なネコ。
F5.1 1/189 ISO100 135mm


ネコが居た所から、頭を垂れる稲穂の方に向かって一枚。
街の中からバスで15分くらいの場所ではあるのだが、想像できないくらいの農村風景である。
だが、スズメ避けのためにぶら下げられているのはCD-R。この辺、微妙に近代化している。
この写真は、調光補正を間違えたと思われてなんか薄暗い。コントラスト補正した方が良かったか。

摂津峡上流、集落の風景
F6.3 1/810 EV-0.7 ISO100 50mm


風景を撮っていると、先ほどの美人なネコが立ち上がって歩いていった。
その先の車の下、木陰になっている場所に、もう一匹ノラが居たので一枚。
「なんやねん自分~」 と、こっちを睨んだりまた眼を閉じたり。
丸くなっている姿も、涼しい所を確保するその行動も実にネコらしい。
腕枕みたいな事をしているように見えなくも無い。まあこの子も可愛い事。

車の下で休むネコ。
F5.2 1/153 EV-0.7 ISO100 200mm


帰り道。桜の落葉が始まっていて、風に吹かれた葉がさらさらと落ちていく。
そこに自転車に乗った人が通りかかって走り去っていく、その風景が妙に絵になるかなと思ったので一枚撮った。

落葉するサクラ。
F4.5 1/540 EV-0.7 ISO100 155mm


この日の教訓。
・道は調べたのは進歩したけれども、行き先の特徴も調べておこうか。
・流れを撮る際に、シャッタースピードを遅くできればと思うんだが…その機能はないようだ。
・川の流れを撮る時は、日が当たっているところを含めた方が見栄えが良い。
・写真は忍耐かも。不機嫌そうなネコを撮るにもじっと待っていると、そのうち可愛い顔をしてくれる。
・だから、おまいは何故に可愛い物ばかり撮るんだ。いいぞもっとやれ。


全然関係ないんだけど。
古畑任三郎の再放送をやっていたので見ていたのだが、イチローって人は演技もできるんだなあと。
なんにせ、何かやり遂げられる人っていうのは器用なんだなと思った。

テーマ : ある日の風景や景色
ジャンル : 写真

プロフィール

Thinks♪

Author:Thinks♪
基本、歩くのが好きで花とか虫とか犬とか猫なんかも好き。
アニメにマンガも好き。
何故か最近カメラにハマる。

連絡先はこちら。
thinks☆live.jp  
☆を半角@に変換願います。

Twitterで文字通りつぶやいてます。
リンクの最下段からどぞ。
あ、いいな。と思ったら写真を撮ってつぶやくので、
もしかしたらここよりも面白い写真があるかもですよ。

推奨環境
1280×1024 display
32bit color.
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

台湾MSの光ちゃん時計
Get Microsoft Silverlight
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
08 | 2009/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
グーバーウォーク



blogram投票ボタン
リンク
月別アーカイブ
FC2カウンター
あなたの…
flash boreal kiss
FC2共有プラグイン 「pictlayer」
拡大画像をレイヤ表示させる   プラグインを使用しています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。